雲の閑人

新装のK

e0008704_1433912.jpg

スイーツの美味しい飲み処「K」が新装になったので、行ってきました。

看板がなく、相変わらず、分かり難いです。
場所は、高岡市御旅屋のアーケードに面しているので、分かり易いのですが、
店内の気配がわからないので、知らない人は通り過ぎます。
e0008704_14395268.jpg

前の店と変わらぬ大皿料理が並びます。
e0008704_14413316.jpg

スペースが2つあり、客席が、以前の倍になった感じです。10人の団体でも大丈夫です。

ブログTOPへ

[PR]
# by kumokuukan | 2015-09-05 14:30 | グルメ

龍の鬼瓦

e0008704_22512784.jpg

今、住宅の設計をさせていただいているお宅の門塀に乗っている鬼瓦です。
個人的に、龍の鬼瓦は初めて見たと思います。

昔の瓦職人の心意気を感じる楽しいひと時です。

今回、住宅は新築しますが、今ある住宅の欄間、座敷天井、床の間の書院障子、
それから大きな丸太梁は、再利用の予定です。

釘隠しや蔵の戸もどこかに使いたいと思ってます。
解体の時は立ち会って、建築お宝探しをします。

ブログTOPへ

[PR]
# by kumokuukan | 2015-08-22 22:49 | 建築

携帯小屋-丸谷

e0008704_054220.jpg

ひみ里山杉の携帯小屋ができました。

富山大学の丸谷先生が設計され、氷見のイベントで、組立て公開です。

平屋の6畳で、4,5畳が板の間、1,5畳が土間です。
プロポーションも、構造に無理がかからない柱太さで、スッキリと見せています。
組立てしやすいよう、細部もシステム的な配慮がなされています。

今回初出展で、2時間以内で組立て完了でした。
今後は、屋根材の素材とそのシステム化が課題です。
10㎡以下なので、基本、建築確認申請は不要です。

いいモデルになれば、ひみ里山杉の需要にも繋がります。

ブログTOPへ

[PR]
# by kumokuukan | 2015-08-18 00:01 | 建築

ひみ里山杉勉強会

e0008704_21483741.jpg

ひみ里山杉の勉強会に参加してきました。
氷見の山は、肥沃で、杉の生育には適した地域です。真っ直ぐで長い材が取れます。
さらに大きな山もなく、木の切り出しも容易です。
e0008704_21561428.jpg

まずは、伐採の現場に行ってきました。
長い木を伐採、定寸切断を、あっという間におこなう機械を見学です。
迫力があり、一日150本の処理能力です。これがコストを抑える一案です。
e0008704_2213067.jpg

伐採のあとには、花粉が出ない新種の杉を植えます。
苗を保護する景色は、畑のようです。
e0008704_2233784.jpg

30~40年で真っ直ぐな杉に育ちます。
e0008704_2252268.jpg

伐採した杉を製材していきます。小口の番号は、丸太の太さです。
e0008704_227177.jpg

大きなものは、板材にもなり、最後に、含水率とサイズをチェック、刻印され出荷です。

ひみ里山杉は、氷見の山で地元の人に大事に育てられています。
コスト的なこともありますが、地元の良材を見逃す手はありません。
良い山の循環が、氷見沖で獲れる魚にも影響しているはずです。
地元の建築士ができることを、あれやこれやと仲間と話し合っていきたいと思います。

ブログTOPへ

[PR]
# by kumokuukan | 2015-08-17 22:18 | 建築

爽涼茶会


e0008704_12113223.jpg
茶道裏千家淡交会高岡青年部の茶会「爽涼茶会」が開催されます。

日時: 8月2日(日)9時~16時
会場: 砺波市三郎丸208
     若鶴酒造 大正蔵
会費: 1000円

会場は、JR城端線の油田駅から徒歩1分です。
若鶴酒造の研修施設として昨年オープンしました。
ダイナミックな階段状の空間が魅力的です。
若鶴の各銘柄を、試飲することができます。
お好きな方は、是非JRで参加してみてください。

前売りが好調だったようで、当日券は少ないようです。
楽しみ楽しみ。


ブログTOPへ

[PR]
# by kumokuukan | 2015-08-01 12:12 | お茶

木造和船の文化財

e0008704_2229870.jpg

氷見の木造和船に関するものが、一挙に国の文化財に指定されました。

その収集してある場所が、旧氷見市女良小学校です。
ボランティア協力も得て、月1回のペースで公開されています。

早速、本物を見てきました。この他、昭和のいろいろな道具も見ることができました。
自分達の使い易い道具を、手業で作り出す技術、そして美しさに関心します。

地域の大切なものを再確認するいい場所を見つけました。

ブログTOPへ

[PR]
# by kumokuukan | 2015-07-30 22:26 | その他

土用の丑

e0008704_105412.jpg

今日は、土用の丑です。

梅雨も明け、いよいよ夏本番です。
今週末からいろいろな夏イベントがあります。

同時に花火大会もたくさん開催されます。
そんな夏への、エネルギー充填です。

写真は、居酒そばのうなぎの太巻きです。


ブログTOPへ

[PR]
# by kumokuukan | 2015-07-24 11:01 | グルメ

志野流香道全国大会

e0008704_1133234.jpg

志野流香道の全国大会が富山市であり、参加してきました。
会場は、ANAホテル、富山美術倶楽部、富山国際会議場、佐藤記念美術館です。

朝早く受付しましたが、人気の名香席は、最終席になりました。
第一席目まで時間があり、周る順番を確認しながら、コーヒータイムです。

まずは、富山美術倶楽部で、富山教場の男子担当の乱箱立礼席「三星香」に参席しました。
若宗匠が席主をされ、福禄寿の三香を聞きます。
恥かしながら、三つとも当てることができました。

次に佐藤記念美術館で、呈茶をいただきました。
家元席で、家元愛用の茶道具で、楽しく過ごさせていただきました。
志野流は、茶道の各流派よりも古く、日本の文化を作ってきました。

お茶の後は、ホテルに戻って、点心のお弁当をいただきました。
全国から参加されているので、富山の食材がたくさん入った豪華な弁当でした。

最後に、富山美術倶楽部で、名香席に参席しました。
希少な名香なので、香りを聞くだけです。
私たちの席では、有明、関の戸、家康公所持の三種を聞きました。

一日、香三昧の贅沢な日となりました。

写真は、大会の記念品です。


ブログTOPへ

[PR]
# by kumokuukan | 2015-07-01 11:02 | イベント

「行雲流水」茶会の御礼

e0008704_02041068.jpg

日曜日の「行雲流水」茶会は、無事終了いたしました。

参加いただいた皆様、ありがとうございます。
久々にお会いできた方もおいで、自分的にも楽しまさせていただきました。

今回の天井は、前回の藤蔓に替わって、桧の経木で網代状にしてみました。
天井の照明が、桧の経木を通して、やわらかな雰囲気をつくることができました。

軸は、短冊で、涼風と鵜飼の画賛です。
花は、蘭葉にクレマチスと西洋小判草です。

また、機会ありましたら、違う形で、茶空間を演出したいと思います。
その時も、変わらぬ応援の程、よろしくお願いいたします。



[PR]
# by kumokuukan | 2015-06-10 02:28 | お茶

「行雲流水」茶会の追加開催案内




e0008704_02204005.jpg
「行雲流水」茶会の追加開催を御案内いたします。

日時    平成27年 6月 7日(日)午前10時~午後1時 (受付は、12時30分まで)

会場    富山県立高岡工芸高校 青井記念館美術館 (高岡市美術館に隣接)
       開催中の「工芸建築科同窓会・作品展2015」の展覧会場内

参加費   呈茶代 300円(展覧会の入場は無料です。)

定員    先着20名

点前    盆略点前の薄茶一服
       

2002年婦人画報の「私の茶遊び大賞」で、審査員賞を受賞した携帯茶室「是空庵」を使います。
展覧会に合わせ、壁のすだれを替えて、しけ絹にした新バージョンです。

前回のシークレットライブのような「シークレット茶会」が、好評であり、主催者からの要請で、
再度お茶会をすることになりました。

会場はいつも閑散としておりますが、最終日の日曜日であり、新聞にも掲載されたこともあり、
ゆっくりと抹茶一服いただけるかどうかは見当がつきません。
パフォーマンスとして楽しんでください。

このブログを、たまたま見ていたご縁のあった皆様のお越しをお待ちしております。


写真は、前回の茶会の様子です。天井の藤蔓がしけ絹と相まって日本の美を感じます。
今回の天井は、変更になる可能性があります。当日のお楽しみです。



[PR]
# by kumokuukan | 2015-06-07 12:30 | お茶