雲の閑人

<   2015年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

(仮)ひみまちづくりバンクの打合せ

e0008704_1641124.jpg

(仮)ひみまちづくりバンクの打合せに参加してきました。

氷見市街地の住空間を豊かにするため、
建築や不動産に関連した人々が集まり、
住民とともに、まちづくりを仕掛けていく拠点です。

場所は、街の中心部にある大交差点の一角にあるビルの1階です。
改装は、神戸大学の槻橋先生が設計します。

いろいろな人が、気軽に行き交うよう、いろいろな家具で対応していきます。

秋ぐらいには完成していると思います。
定期的にサポートスタッフとして利用することになります。

あっ、イベント開催します。
6月27日午後~ 改装中のスペースで、氷見市内に出来た茶道会館の話をいたします。
講演後、その茶道会館で抹茶をいただきながら、見学会です。

だれでも参加できますので、是非お越しください。
呈茶は、代金がかかります。




ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2015-04-29 16:38 | 建築

これな~んだ?

e0008704_16204482.jpg

これな~んだ?ホタルイカではありません。

子イカの茹で上げです。これを乾燥すると柿太さんの「おチョボいか煮干」になります。

この茹で上がったばかりの美味いこと。
ホタルイカを越す美味です。
ホタルイカの硬い目も無く、いくらでも食べれますが、
市販されていません。
あくまでも製造途中です。

柿太さんの干物の美味しさが分かる経験でした。




ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2015-04-26 16:11 | グルメ

魚々座オープン

e0008704_17321679.jpg

ひみ漁業交流館「魚々座」にいってきました、

建物内には、70m級の小さな定置網の現物が吊り下げられています。
いままでは、模型で見るだけだった網が、魚の気持ちになって感じることができます。

漁業の道具とともに漁村の生活道具も展示されております。
木造の和船もあり、氷見を案内する時には、寄りたい施設です。

設計は手塚貴晴さんですが、お金の無い氷見市が無理を言って、
設計と言うよりプログラムを作っていただいた感じです。

またいつか氷見で、手塚さんの魅力的な建築ができることを楽しみにしたいです。





ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2015-04-22 17:09 | 建築

梨の花

e0008704_17531397.jpg

梨の花が満開です。

富山での打合せのあと、呉羽の梨畑横を通ってきました。
秋には美味しい「幸水」ができることでしょう。

ハナちゃん待ってるよ。←いつも美味しい幸水をいただいている農家さんです。




ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2015-04-20 17:51 | その他

新高岡駅

e0008704_17344675.jpg

ついに北陸新幹線が開通しました。

毎日たくさんの本数の新幹線が東京から来ます。はっきり言って近くなりました。

3月14日に開通したのですが、縁なく新幹線は、田園を走り抜けていく姿だけでした。
ちょっと落ち着いたところで、新高岡駅にいってきました。
県外から来られる方を迎えにいくことを想定し、一度、駅内を確認しておきたかったです。

駅は、新幹線のみ利用の駅なので、改札出口はとってもわかりやすいです。
迎えの時に迷子になることはありません。

いままで、富山空港への迎えがよくありましたが、これからは新高岡駅になると、
個人的にとっても助かります。ここから高速に乗れば、30分で氷見に着く感じです。




ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2015-04-14 17:33 | その他

2015氷見の春の茶会

e0008704_1811573.jpg

氷見市でおこなわれた春の茶会のお手伝いをしてきました。

会場設営を頼まれましたが、最初に聞いていた場所が1週間前になって、
突然の会場変更です。

床の間は、私がデザインした間仕切パネルを使う予定でしたが、
あとは全くの想定外でした。

行き詰まってなんとかするのが定着しつつある空間設計ですが、
ストレスが溜まります。

まずは、会場を再認識し、茶会に参加された方にどのような形で、
喜んでいただけるか。もし、いいアイデアが出なければ、
花や茶道具で喜んでもらおう。リラックス、リラックス。

展示パネルに春の雰囲気になるよう、枝垂れ桜柄の反物と淡い緑の布を探してきました。
探しながらもっと喜んでいただけるアイデアが浮かびます。
知り合いの藍染タピストリーがいいのでは。早速、お借りにいってきました。

知り合いのお宅で見ながら、どれをどこに使うか決めていきます。
知り合いから藍染の小座布団を使う提案もいただきました。

藍染づくしの空間ができると確信し、いざ前日です。

出来上がった茶席は写真のような、日本人好みの雰囲気になりました。

今回は、藍染に助けられましたが、一期一会の茶会は大変です。
また、経験智が付きました。




ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2015-04-13 18:10 | お茶