雲の閑人

<   2013年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

旬な市長も参加した旬の会

e0008704_2250060.jpg

昨日は、20数回目の旬の会に参加してきました。
e0008704_22504077.jpg

朝から海へ行って、もずくを採取し、そのあとすぐに、筍を採取しました。メンバーは、前日にコシアブラやアマドコロ、モミジカサなどたくさんの山菜も調達済みです。
e0008704_22511390.jpg

てんぷらや酢の物など、素材重視の料理となりました。筍は、まるごと炭火の中へ入れ、焼き筍にしました。
e0008704_22521434.jpg

2011年の自家製山葡萄ワインもいただき、あまりの口当たりの良さで、今日は反省しております。旬な市長もこのワインをいただいて、しっかり懇親させていただきました。

ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2013-04-29 13:05 | グルメ

一年分の山菜

e0008704_22143695.jpg

毎年恒例の半日山菜取りです。いつもの山へ天気をチェックして、約3時間のぜんまい採取です。家から5分ほどなので、他の山へ行く気にはなれません。
e0008704_22164229.jpg

大きな鍋に4杯分ありました。灰を付けて一日天日で干すとこんな感じなります。もう少し干して保存し、一年を楽しみます。

これだけ採ると、今春は無理して山は行きません。楽しみ程度で、ワラビやモミジカサなどを見にいきます。

ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2013-04-25 19:44 | その他

春の宴

e0008704_22321751.jpg

いつもお世話になっている工務店さんの宴に参加してきました。

春の喜びを感じる宴です。まずは、高岡市の割烹「寿文」のお弁当です。竹の子御飯にいろいろな春の食材料理が入ります。
e0008704_22331046.jpg

お腹いっぱいになったところで、バイオリンとギターと横笛のライブです。
e0008704_22334672.jpg

いい時間が流れます。余韻を楽しむように抹茶をお出ししました。お茶は、この日のためのオリジナル抹茶「穀雨の白」木田芳香園詰で、主菓子は、澤田屋製の「花衣」です。呈茶は、私が担当しました。

今日の進行役が、最後にお茶の説明のあと、秋にはお茶会をしたいと言ってましたが、いい企画ができたらと思っています。

ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2013-04-22 22:38

新、氷見の桜名所

e0008704_6553148.jpg

ふれあいスポーツセンターがある周辺は、氷見の新しい桜の名所です。
e0008704_656962.jpg

国道から入った道は、桜並木が続きます。すぐに駐車場があり、その裏山が、桜山です。
e0008704_657040.jpg

e0008704_6573294.jpg

e0008704_658028.jpg

いろんな種類もあり、桜を楽しむことができます。

駐車場を挟んで、椿山もあり、ここもいろんな種類の椿を楽しむことができます。周りには、紫陽花山もありますので、楽しい散策ができます。

ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2013-04-18 07:04 | その他

山菜のてんぷら

e0008704_7575412.jpg

昼に「居酒」の蕎麦をいただいてきました。

遅めの食事だったので、マスターは、山菜の下準備しながらの対応です。自ら採取してきたセンナを洗いながら、山菜の出具合を話していると、タラの芽、コシアブラが丁度あるので、山菜のてんぷらをしていただきました。

口の中いっぱいに、滋味が溢れます。うまい!!いい日に来ました。幸せ時間です。

ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2013-04-17 08:10 | グルメ

2013工芸建築科同窓会・作品展

e0008704_8213085.jpg

高岡工芸高校建築科の同窓会作品展が、高岡市美術館隣の青井記念館美術館で、5月6日まで開催されております。

今年で60年目の建築科は、2300名を超える卒業生を輩出し、地元の建築界において、様々な建築業種で活躍しております。

作品展には、住宅から公共建築、社寺建築と多様な展覧会になっています。ちなみに私は茶会のパネルを出展しました。

休館日は、4月15、22、30日で、開館時間は、10:00~16:00です。私は17日午前と28日午後に当番で会場にいます。近くにお寄りの際は、是非、遊びに来てください。

ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2013-04-14 08:21 | イベント

高岡建築視察ツアー

e0008704_035864.jpg

伊礼さんが校長をされている住宅デザイン学校の建築視察ツアーに同行してきました。
e0008704_044869.jpg

高岡駅に集合し、まずは国宝「瑞龍寺」です。
建築関係者ということで、副住職さんは、建築に関するいろいろな話を軽妙に語っていただきました。瑞龍寺には、前田コードが存在していました???。
e0008704_052099.jpg

次にメインの伊礼さん設計のミヤワキホーム「新高岡の家」です。
参加者34名でしたので、新高岡の家は満員御礼です。住宅デザイン学校の去年の課題の敷地だったこともあり、皆さん見る目が違います。
e0008704_073436.jpg

このあと、バスに乗って、セミナー会場へ。バスの中では、自己紹介をおこないました。
e0008704_092919.jpg

自然に囲まれた会場の「SAYSFARM」で、氷見ワインをいただきながらのセミナーです。
荻野さんの庭づくりへの思いを語っていただきました。
e0008704_010599.jpg

e0008704_0105637.jpg

ワインだけでなく、魚の燻製と肉のテリーヌも付きました。

セミナー終了後、宿泊のホテルへチェックインし、懇親会の「五郎八」へ。飲み放題プランに高岡の地酒が入っていなかったので、宮脇社長から「勝駒」を差し入れていただきました。
e0008704_0123687.jpg

二次会は、「能作」でした。チーズとワインです。
e0008704_0132727.jpg

いろいろな話が尽きません。
e0008704_014652.jpg

伊礼先生は、カウンターにも入り、すっかりマスター役です。
e0008704_0165083.jpg

e0008704_0172273.jpg

最後は、男性陣は〆のラーメン。女性陣は、スイートでした。スイートは、いつものカッパの桐ちゃんです。ありがとうございました。

2日目は、朝早くから金屋町の散策です。街のちょっとしたデザインに皆さん食いついていました。
e0008704_0151865.jpg

いつもお世話になっている小泉邸の中を拝見させていただき、お抹茶もいただきました。
e0008704_745533.jpg

このあと、吉久の丸谷工房の見学をしました。
e0008704_7453637.jpg

急遽、丸谷先生の講義をいただきました。家具の話や富山高岡氷見での活動の話など、いろいろなお話を聴きました。
e0008704_7463364.jpg

昼食は、新湊の「かわぐち」で富山の幸満載をいただきました。
e0008704_747713.jpg

最後は、伏木「勝興寺」の庫裏改修現場見学でした。
古材のひとつひとつを丁寧に処理し、整理していく気の遠くなる作業です。そして、古材を活かしての修復工事です。丸谷先生に薦めていただいたとおり一見の価値ありでした。

少し予定時間が早くなったので、小泉誠さんが手がけた「ギャラリーSAKU」で道草しました。

高岡駅で解散となり、とっても中身の濃い実質1日ツアーでした。
今後のツアー企画の参考にもなりました。

参加の皆様、お疲れ様でした。高岡を楽しんでいただけましたか?
今回は、高岡周辺でしたが、礪波、五箇山周辺も魅力いっぱいです。
是非、また、富山にお越しください。
[PR]
by kumokuukan | 2013-04-12 23:23 | 建築

新市長誕生

e0008704_8344231.jpg

氷見市の新市長に46歳の若者が当選しました。

アートで街の魅力を発信している「ヒミング」の、いちばんの始まりだった2003年「蔵・再生プロジェクト」で、一緒に汗をかき、婿同士でありながら、氷見の魅力に取り付かれ、いろいろなことを語りあった彼が、とうとう市長になりました。

いろいろな意見を集約していく手法は、とても上手に感じます。

若いのでついつい熱くなりますが、氷見への思いの表れであり、今後は、その思いを形にする大きな輪を育てていく立場で、頑張っていただきたいと思います。
e0008704_8434154.jpg

気軽に電話していたけど、これからは公人なので、どうしようかな。選挙で「つぶやき」を政治に!と言っていたので、いろいろつぶやいて、応援していきたいと思います。

魅力ある氷見が実感でき、常に笑顔が込み上げてくる街になるよう、自分も頑張っていきたいです。
[PR]
by kumokuukan | 2013-04-09 07:49 | その他

平成25年度最初の国泰寺月釜

e0008704_910198.jpg

国泰寺の月釜に参席してきました。

裏千家淡交会の黒林先生のお席で、地元のものや、ちょっと古いお道具がでてきます。

香煎席には、地元で活躍した画家の色紙「かがり火」が掛り、初代須田菁華と明時代の器で香煎をいただきました。香煎には、桜の花びら1枚入っています。

本籍は、紀貫之の桜の歌が掛かり、赤い椿が印象的に鶴首の花入に活けてあります。香合は、小さな六角形ですが、とても存在感がありました。
e0008704_9194067.jpg

金森宗和の茶杓もありの楽しいお席でした。

ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2013-04-08 09:08 | お茶

岡山へ行く

e0008704_9341272.jpg

所用で岡山へ行ってきました。
e0008704_1551692.jpg

建築目的で行ったわけでないので、つまみ食いのようにチラ見です。
磯崎さんの岡山西警察署です。
e0008704_1372129.jpg

所用が済み、あとは帰るだけだったので、三名園の後楽園を観光しました。
e0008704_2323010.jpg

岡山城の後ろに位置する殿様専用の庭です。庭木だけでなく、田畑や茶畑も取り入れたり、馬や弓道をする場を設けたりと、藩内の生活に即した使う庭です。

働く姿や作付けを確認して、藩の運営を思い描いたのでしょう。
e0008704_2465037.jpg

ちょうど桜も開花し、いい花見になりました。
e0008704_254543.jpg

つい建築を見てしまいます。殿様が寛いだ建物「延養亭」です。戦災で焼失しましたが、古図を基に復元されました。
e0008704_303951.jpg

この建物から見える風景です。山の稜線は、昔と変わらないでしょう。大きなビルが建たないように配慮してあるそうです。
e0008704_342484.jpg

この「廉池軒」も気になりましたが、時間がないので、外観だけ拝見します。
e0008704_364132.jpg

この池で、釣りも楽しんだそうです。
e0008704_375218.jpg

建物内に水が流れる建物で、2階から田風景を視察したそうです。
e0008704_3103961.jpg

どのように使われていたか想像力を描きたてられます。
e0008704_31306.jpg

園内にはいくつかの大きな石があり、瀬戸内海から、割って運んできたそうです。
割った部分も表情をつくります。
e0008704_3184157.jpg

鶴も飼われており、正月には、いつもカゴから出して、空に放しているそうです。
ちゃんと戻ってくるようです。
e0008704_3212977.jpg

弓道場です。近くには桜の馬場もあり、殿様が見るための建物もありました。
詳しくは、後楽園の建物探訪でチェックしてください。
e0008704_3223417.jpg

夜、氷見でお世話になったアーティスト(歳森 勲)と一緒に食事をしました。
歳森さんは、今、岡山に在住し、岡山や瀬戸内海を中心に活動されています。
e0008704_325541.jpg

岡山のトマトも美味しかったです。
e0008704_3323023.jpg

岡山では、鰆の刺身をいただくそうです。身は柔らかいので、この店では、タタキにして出しています。これも美味しかったです。

他に白子のてんぷらやかにみそチャーハンなどいろいろいただきました。

実は伝説の屋台だった主人のお店です。どれも美味しかったです。
[PR]
by kumokuukan | 2013-04-07 01:59 |