雲の閑人

<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

金沢学生のまち市民交流館

e0008704_2143329.jpg

金沢学生のまち市民交流館の見学会に参加してきました。

金沢市指定保存建築物「旧佐野家住宅」を学生のまちづくり活動や市民との交流の拠点として、改修されました。
e0008704_8492189.jpg

建物内部には、明かり取りのトップライトがあり、
e0008704_8511612.jpg

中庭は、ちょっとした展示空間になっていました。
e0008704_8532041.jpg

2階にある一番いい和室です。見事な襖絵です。
e0008704_8534266.jpg

この部屋の釘隠しは、幸運を招く蝙蝠になっていました。
e0008704_8534784.jpg

襖の引手は、七宝です。
e0008704_8541535.jpg

床の間の材料もなかなか手に入る代物ではありません。
e0008704_8542360.jpg

次の間の天井には、縁起と遊び心で、あぶり餅が天井に刺さっていました。
e0008704_246720.jpg

また別棟には、金沢市が保管していた旧料亭「かわ新」大広間の部材を利用した交流ホールもありました。
床柱の迫力が凄いです。

古民家のリフォームを見る、いい機会でした。
[PR]
by kumokuukan | 2012-10-31 21:38 | 建築

建築士会全国大会で茨城へ

e0008704_21442446.jpg

諸事情で、建築士会全国大会参加ツアーに同行させていただきました。

と言ったものの、高岡支部企画ツアーの第一目的は、今回の大会前日におこなわれる第7回まちづくり賞の発表会と公開選考会にノミネートされている「高岡の建築とまちづくりネットワーク」の応援にいくことでした。

朝早く高岡を出て、昼、水戸に着き、午後からの発表会に参加し、夜の懇親会までは、自由行動となり、大学の同級生が担当している伊礼智設計の柴モデルの現場見学に行ってきました。
e0008704_21474044.jpg

建て方が終わったところでしたが、友人の丁寧な説明で、とても有意義でした。
e0008704_2149307.jpg

日本のトップクラスである山長商店の木材料です。各部材にヤング係数が刻印されています。
e0008704_2221327.jpg

e0008704_2223832.jpg

水戸へ帰る途中に堀部安嗣設計の牛久ギャラリーに立ち寄りました。もう閉まっていたので、外観だけです。

夜は、懇親会でいろいろ盛り上がり、翌日は、大会会場へ。

折角なので、市内の建築物も見学させていただきました。
e0008704_22161227.jpg

国指定重要文化財の弘道館です。徳川幕府の最後の将軍15代慶喜も学んだ正庁(学校御殿)です。
e0008704_22313130.jpg

3・11の震災の影響で、内部の見学はできませんでした。重要文化財なので、被災した箇所から、当時の作られ方を調査し、その後、修復にかかるので、まだまだ時間がかかります。
e0008704_22424629.jpg

弘道館を後にして、磯崎さんのタワーが無事であることを横目で見ながら、偕楽園内にある好文亭を拝観。
e0008704_22443771.jpg

e0008704_22451629.jpg

e0008704_22493524.jpg

まずは、奥御殿の襖絵を楽しみます。菊、桃、つつじ、萩、紅葉、松、竹、梅、桜の各室それぞれ趣のある素晴らしい襖絵です。
e0008704_22512159.jpg

次の予定もあるので、駆け足で回ります。
e0008704_22533228.jpg

太鼓廊下を渡ると好文亭です。「好文」は、学問を好む梅の異名だそうです。藩内の人が楽しむ場として建てられたもので、気軽な板の間の設えです。
e0008704_22592581.jpg

高台に建っているので、見晴らしも良く、しばしば詩歌の宴などが催されたようです。
e0008704_2322174.jpg

この建物に3階があり、楽寿楼と呼ばれています。
e0008704_2344079.jpg

この部屋からの景色も絶景です。
e0008704_2363092.jpg

玄関を出て、待合も拝見しました。この軒先は、1.4mほどしかなく、頭を下げて入ります。

近くで昼食を取り、地元で仕入れた推薦場所の西山荘に向かいました。
e0008704_23211859.jpg

駐車場から少し歩くと谷間に、西山荘が現れます。ここは、テレビでおなじみの水戸黄門さまの隠居場所です。

侘びた建住いで、日本史の編纂をされていたそうです。なかなかの雰囲気ですが、ここは、徳川ミュージアムの一部ということで、写真は、個人の楽しみ程度なら許可されていましたので、ここまでです。

園内を一周し、たっぷりと堪能して、いざ、高岡へ向かいます。
e0008704_1782629.jpg

途中、栃木小山市にある録ギャラリーで休憩喫茶です。
e0008704_17521771.jpg

植栽と一体になった建物です。
e0008704_18192222.jpg

建物の形態は、樹形から導き出されています。
e0008704_1934798.jpg

ぐっと押えた入口から内部に入ると、
e0008704_1945892.jpg

光に包まれた空間があり、奥には、木々と戯れながら寛ぐ喫茶スペースがありました。
e0008704_19123298.jpg

木造建築ですが、いろいろな可能性を感じる建築でした。

夜遅くに高岡に着きましたが、とっても有意義な2日間でした。そうでした、まちづくり賞は、全国でトップの大賞をいただきました。高岡支部は、更なるまちづくりに関わって、平成の御車山を作るようです。
[PR]
by kumokuukan | 2012-10-30 21:45 | 建築

茶開の散歩

e0008704_143693.jpg

秋も深まり、茶開の有志の親睦を長野でおこないました。お散歩感覚で、長野に嫁いだメンバー宅に伺うとさすが茶人、着物で「喫茶去」のお茶でのおもてなしです。
e0008704_14492464.jpg

藪内流のお点前で濃茶をいただき、その後の
e0008704_14513465.jpg

続き薄茶は、表千家流です。裏千家の私は、ただ、美味しくいただくだけです。

このあと、小布施に向かいます。途中、中野IC近くで、りんご、洋梨、野菜などを買い求め、小布施堂で食事です。
e0008704_150535.jpg

小布施堂のランチをいただきました。先附の柿なますです。
e0008704_1525315.jpg

椀物の野沢菜と牡蠣の葛仕立てです。
e0008704_1544140.jpg

煮物の湯葉蒸しです。
e0008704_1562840.jpg

ご飯は、鯛ご飯でした。
e0008704_1572896.jpg

デザートの紅玉のワイン煮です。

食事の後は、また買い物です。予約しておいた生栗落雁「くりは奈」を買い、近くの桜井甘精堂で栗おこわを買いました。
e0008704_1514694.jpg

周辺を散策したあと、小布施ワイナリーへ立ち寄ります。団体のバスを受け入れない小さなワイナリーですが、たくさんの種類のワインがありました。

たくさんのお土産を持って、帰路につきました。社中の炉開きのお菓子も確保でき、充実の散歩でした。
[PR]
by kumokuukan | 2012-10-29 14:33 | お茶

植木の生産農家

e0008704_2349627.jpg

伊礼さんの住宅で、造園をしていただいている荻野さんのホームグランドである大阪の堺市へいってきました。

いくつもの山に樹種をゾーン毎に分け、自然に近い樹形を保つよう栽培されています。
e0008704_23555070.jpg

山を見る前に、生産農家が経営しているお店でランチです。この時点では、造園屋さんの多いところにきたなー、程度でした。
e0008704_005168.jpg

店にある水連にも目をとめ、余裕です。
e0008704_0366.jpg

そして、はじめに連れていってもらったところが、オリーブ山です。山全体がオリーブの木で、そのオリーブがいつでもすぐ出荷できるよう、根元を盛り上げ、車もすぐ近くまでいけるよう道が整備されていました。

看板には、日本列島植木植物園と書かれています。私有の山ですが、凄い気がいです。
e0008704_043640.jpg

今回の住宅の造園に植える木をピックアップしていきます。あまりの多さに、どこになにがあるのかもわからず、ただただ圧倒されるばかりでした。
e0008704_0501559.jpg

坂本昭さん設計の荻野さんの住宅を見せていただき、晩ご飯も一緒させていただきました。よしもと新喜劇の近くの道具通りを抜けたお店へ向かいます。道具通りは、いろいろな厨房用品がそろっており、見ているだけでも楽しめました。
e0008704_0585963.jpg

ニューミュンヘン南大使館です。
e0008704_164149.jpg

デラックスジョッキで乾杯。造園話で盛り上がります。
e0008704_171980.jpg

名物の阿波乙女鶏の唐揚げです。全国トップの味です。
e0008704_165337.jpg

ビールには、やっぱりソーセージです。

高岡での造園が楽しみです。
[PR]
by kumokuukan | 2012-10-17 01:15 | 建築

楽しみな住宅

e0008704_236673.jpg

伊礼さん設計の住宅が、どんどん出来あがってきています。日の入りのシルエットだけでもただならぬ雰囲気を感じます。
e0008704_2313522.jpg

居間の吹抜け天井は、一筆書きのようなやさしい動きで空間に流れをつくっています。
e0008704_23174811.jpg

終盤に入ってますので、伊礼さんも高岡入りが多くなってきています。夜な夜なお食事も一緒させていただき、この日は、福家のおでんです。おでんのネタは、地域色がでるので、楽しく食事していただけました。
[PR]
by kumokuukan | 2012-10-10 23:03 | 建築

梅谷の郷のツリーハウス経過2

e0008704_6542634.jpg

梅谷の郷のツリーハウスの階段ができました。

手すり付きですが、ちょっと急なのと丸太なので、気をつけて登りましょう。
e0008704_6591832.jpg

ツリーハウス的には、土台が出来た状態です。このあとどんな上屋ができるのか、楽しみです。

この状態で一冬越すと思います。気になる方は、ヒミングACに立ち寄り、スタッフといろいろなお話をしながら、参加して見てください。
[PR]
by kumokuukan | 2012-10-09 07:07 | イベント

柿太の看板できた。

e0008704_073583.jpg

新しい柿太水産の看板ができました。煮干しのオブジェの看板だとわからない方もおいで、しっかりと日本語で判り易いようにしました。
e0008704_0103128.jpg

柿太さんの素材を大切にした手作り加工を表現し、木看板にシンプルにロゴサインをのせました。デザインは、ホームドクターじゃなくホームデザイナーの林さんです。作製の指揮は私で、設置作業もさせていただきました。

様々な条件(施主の要望、周辺の景観、現状建物の状況など)を読み解き、ひとつの形にしていくのは、いつもの建築といっしょです。
e0008704_0325474.jpg

この看板の納品は、東京からお越になるお客様を迎える日に間に合わせてほしいとの要望でした。工期的には少し厳しかったのですが、鉄や木の職人さんが頑張ってくれました。

ということで、東京のお客様と相伴させていただきました。最近の柿太お父さんの自信作うなぎの蒲焼です。美味かった~。
e0008704_0414319.jpg

魚だけでなく、他にもいろいろな焼き物がでます。お酒もすすみます。
e0008704_0434054.jpg

さがのやさんの新商品ゆばもいただきました。

美味しい料理を前にすると、参加されていたお客さんも話が弾み、みんな笑顔になります。今回の看板工事も楽しくさせていただきました。
[PR]
by kumokuukan | 2012-10-03 00:04 | 建築

ヒミング2012

e0008704_0375432.jpg

今週末の氷見は、ワヤワヤです。氷見の今年のメインイベントになる「ひみ番屋街」がオープンし、例年、夏におこなわれていた「ひみまつり」も、40回の節目で、ディズニーパレードを呼んで、さらに花火までが、この週末におこなわれます。

その週末に、ヒミングもイベント盛りだくさんです。
e0008704_0495492.jpg

「連続弥栄博覧会 藝術定置網ヱヤサー!」が10月7日まで開催されます。
e0008704_0531669.jpg

e0008704_0542599.jpg

アーティスト、写真家、船大工、宮大工、漆芸家、劇団、建築家、など総勢13組
が、氷見のまちなかで繰り広げる展示や公演です。
e0008704_0552787.jpg

この博覧会を見れば、ヒミングの活動がわかります。

なにを思い、どのような活動をしてきたか。その延長線上にある現在。そしてこれからも続く思いがわかります。ワヤワヤの週末ですが、是非、ヒミングACにもお立ち寄りください。

さらに、体験できるヒミングも用意されています。
e0008704_143867.jpg

10月6日は、朝8時から上庄川で、小学生対象のグズやフグ釣りをします。比美乃江大橋を通るディズニーパレードを見ながらの釣りです。ディズニーをしっかり見たい子供は、釣り終了後の1時半からの2回目のパレードでミッキーさんに会いましょう。

10月7日は、氷見通に案内いただきながら、いっしょに商店街&展覧会を廻り、梅谷の郷にて、稲刈り&ハザ掛け。そして、ツリーハウス見学。夜は、民宿での交流会をしながら、花火の観覧です。

10月8日は、ヒミングの看板イベントの木造和船・天馬船によるレース「テンマッチ」です。是非、参加して氷見の特産品をゲットしてみませんか。

まち~山~水辺、と氷見を堪能できる週末に、是非、参加してください。
-----------------------

◎ヒミング「リビング・ニューライフ」のすすめ
 ~海と山を巡るツアーvol.4:ヒミング展覧会&まち歩き編

富山湾の海の幸。みどり豊かな里山。
「未来の暮らし方」を探るツアー、始めます。

第4回は、アートNPOヒミングが開催する展覧会を見ながらのまち歩き、里山・梅谷の郷での稲刈り、木造和船・天馬船でのレース参加と、水辺と山、そしてまちを巡ります。

『藝術定置網ヱヤサー! - 連続弥栄博覧会- 』の商店街に点在する会場を地元の案内人・岩瀬昭一さんと一緒に廻りながら、商店街の歴史や知られざる名店/名品に出会いましょう。

わら細工を学ぶために作っている里山の田んぼもいよいよ収穫時期。まち歩きの後、山に移動して稲刈り&ハサ掛けを行います。

2日目は、木造和船・天馬船でのマッチレースに参加。一本の櫓を操り、風を感じ、波を読んで船をこぎます。午前中に行われる練習会に参加して、レースに出場しましょう。

◎スケジュール(1泊2日の方)
10/7(日)
 11:40 JR高岡駅集合……
 12:30~13:30 氷見商店街の優し懐かし定食屋さん「田新」で昼食
 13:30~15:00 地元の氷見通が案内。ヒミング展覧会見学&まち歩き。
 15:30~17:00 梅谷の郷にて、稲刈り&ハザ掛け。ツリーハウス見学。
 18:00~20:00 夕食&交流会……氷見温泉郷の民宿にて宿泊 

10/8(月・祝)
 9:00 朝食後民宿出発……
 9:30~11:30 天馬船練習&遊覧
 11:30~12:30 「松葉すし」昼食
 13:00~16:30 テンマッチレース出場。入賞者には氷見の名産がもらえます!
 16:48 JR氷見駅発

参加費:大人 18,000円 小人(小学生以下)10,000円
*宿泊費(1泊)、食費(昼食2回、夕食、朝食)、移動費、講師料、レース参加費、保険料が含まれます。
*現地までの交通費は各自ご負担下さい。

◎地元の皆様、宿泊なしでの参加もできます!
1日だけ参加したい。泊まらずに自宅から通いで2日とも参加したい。そんな地
元の方のために、ワークショップだけの参加も承ります。

10/7(日)12:30~17:00
「『田新』でランチ&氷見まち歩き+稲刈り&ハサ掛け」
まち歩き案内人:岩瀬昭一
稲刈り指導:高野スミ
参加費:2,000円(昼食付)

10/8(月・祝)9:30~16:30
「天馬船遊覧&テンマッチ出場」
参加費:2,000円(昼食付、レース参加費込み)

-----

宿 泊:氷見温泉郷の民宿
募集人数:20名
申込方法:参加希望日、お名前、ご住所、連絡先電話番号、メールアドレス、年齢、性別をご記入の上、ヒミングまで、eメールinfo@himming.jpまたは、お電話(090-3886-7669)にてお申込み下さい。
お申込みいただいた方に、集合場所等の詳細を折り返しお知らせいたします。

*ご提供いただいた個人情報は、今後のツアーやイベントをご案内する目的にのみ利用し、NPOヒミングが責任をもって管理いたします。

お支払い方法:当日、スタッフにお支払い下さい。
*キャンセル/人数変更は事前にお知らせいただきますようお願いします。

-----

◎梅谷の郷(うめだんのさと)
氷見市柿谷にある山里。「梅谷(めーだん)」と昔からよばれたこの場所は、梅の木が多くあり、田畑が切り開かれ、古くから人と自然が共にありました。しかし、山の田も必要とされなくなり、谷は人の手が入らなくなり荒れていきました。平成10年、谷を整備しようと高野光夫さんらが「梅谷の郷」という任意団体を結成しました。1年を通して、山菜・野菜・果実・花などを楽しめる里山となるよう、整備が続けられています。今シーズンは、ツリーハウスの制作もおこなわれています。

-----

◎今後のツアー予定
[vol.5:わら細工作り&報恩講体験編]
 2012年11月24日(土)~25日(日)
 1日目:妙願寺での報恩講体験、お寺で夕食(報恩講料理) 
     参加ご住職
    (本願寺派布教使):清水 朗(妙願寺)
              嵩尾憲昭(専徳寺)
              寺西良夫(明厳寺)他。
 2日目:わら細工ワークショップ、ツリーハウス完成予定

[vol.6:ブリ三昧&新酒利き酒編]
 2013年1月26日(土)~27日(日)
 1日目:高澤酒造所にて新酒利き酒、冬の味覚三昧(ブリ)
 2日目:餅つき、デザインわら細工ワークショップ
[PR]
by kumokuukan | 2012-10-02 01:29 | イベント