雲の閑人

<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

金屋町楽市2012

e0008704_7122873.jpg

今年も金屋の楽市にいってきました。

写真は、中村信喬さんの博多人形です。中村さんの作品がある周辺は、心地よい空気に変わります。
e0008704_735083.jpg

いつもお世話になっている方々が、茶席を担当されているので、楽しみに出かけました。
e0008704_7364251.jpg

茶開でお世話になった藪内流の工藤さんのお席です。アルミの台子で、供茶をされました。お点前も素敵でした。
e0008704_7394416.jpg

今回の金屋楽市は、茶の文化が出来た桃山時代をなぞり、その精神を現代に蘇らせます。蘇州寒山寺の軸、香炉は、足利義政公拝領の写し物です。
e0008704_740742.jpg

なんといってもアルミの台子が一番ですが、野田雄一さんの吹きガラス水指も素敵でした。この席は洗心席となっていました。
e0008704_7542927.jpg

次に、地元の観光案内もされ、金屋町にも暮らしておられる般若さんの直心席です。この楽市では、定番のアルミの立礼棚にアルミの水屋です。
e0008704_7544054.jpg

お道具も出来るだけ、銅器で揃えられていました。
e0008704_93078.jpg

伊東順二さんの特別茶席「無心席」です。セレモニー的に使われますが、展観席となっていました。
e0008704_9344591.jpg

圧巻は、ファイナルファンタジーで有名な天野喜孝の龍の屏風です。今風の無邪気なお席でした。
e0008704_9414944.jpg

途中、茶開でもお世話になった畠春斎さんのお宅で展示されている大樋ワールドも拝見し、最後の小泉邸へ向かいます。
e0008704_9443052.jpg

小泉邸も恒例のシンプリシティ緒方さんの唯心席となっておりました。

このお席はいつも革新的な茶の心を問う席になっており、今回は、全く光の入らない四畳半の室で、湯の沸く音、抹茶の香り、茶を点てる音だけを楽しみます。暗いなかでも、亭主は上手くお点前していて、とても不思議でした。いつも目に頼っていた情報がなくなり、より感性を研ぎ澄ますいいお席でした。

お茶を頂く時、襖の隙間から光が入り、いただいた後には、その襖を開け、空中に活けられた花と背景の庭を楽しんできました。かっこいいんです。

また、来年のお茶席が楽しみです。
[PR]
by kumokuukan | 2012-09-30 07:08 | お茶

梅谷の郷のツリーハウス経過1

e0008704_10323556.jpg

ヒミングで取り組んでいるツリーハウスの報告です。

朝日町の長崎さんの指導を受け、ヒミングの強力なオヤジ部隊(若いお兄さんもいます。)が中心に制作しています。
e0008704_10325886.jpg

上に登るとこんな景色が、広がります。ツリーハウスは、大人の少年心を揺さぶります。

ヒミングでは、今後も制作の呼びかけをしていますので、関心のある方、是非参加してみてください。山で食べる昼食は、最高です。
[PR]
by kumokuukan | 2012-09-19 10:30 | イベント

暑気払いin居酒

e0008704_106689.jpg

今年の夏は、すごく暑かったのですが、恒例の焼肉屋さんが店じまいしてしまったので、いつものメンバーとの暑気払いが延び延びとなっていました。仕事も少しだけ区切りがあったので、居酒にいってきました。
e0008704_10104219.jpg

秋も頑張るため、粘り気のあるモロヘイヤや雲丹をいただきます。まだまだ暑いので、ビールがすすみます。
e0008704_10121668.jpg

宍道湖産天然うなぎもいただきました。俄然元気がでてきます。
e0008704_10152165.jpg

鮎の燻製です。このあたりから気憶が定かでありません。
e0008704_1017122.jpg

その原因のブランデーで漬けた10年物の梅酒です。たかがコップ一杯ですが、さすがにアルコールが高いです。口当りがいいので、ついグビグビっと。連れと分けて飲んだけど、効いたなー。
e0008704_10205365.jpg

次のお店の付きだしです。これを食べて、あとは寝ていたと思います。桐ちゃんいつもごめんなさい。

結局、その次のお店も寝てしまい、デジカメも忘れてしまいました。
e0008704_10251324.jpg

秋の朝焼けを見ながら、また、反省です。
e0008704_1028954.jpg

雲をみて、また頑張ることを誓うのです。
[PR]
by kumokuukan | 2012-09-10 10:03 | グルメ

薪の音に行った~。

画像処理するPCが不調で、仕事にも支障をきたしていましたが、なんとか復旧し、溜まっていたブログを少しづつアップしていきます。記事の日付は、多少前後いたしますが、よろしくお願いいたします。(ブログ作成者からのお詫び)

e0008704_224056.jpg

オープン時からいろいろ雑誌にも紹介されて、気になっていた城端の薪の音に行ってきました。

インテリアからの風景などは、雑誌の写真で知っていて、外観も素朴な感じかと勝手に思っていましたが、大きくて新しい建物でした。
e0008704_271478.jpg

古民家改修の設計をしているので、なにかしらヒントがあるのではないかと、建物ウオッチングです。

アプローチの床材には、瓦で遊びがあります。来客者が、楽しくなる仕掛けです。
e0008704_1493422.jpg

お気に入りの品々で飾る設えになっています。日々を楽しむ感覚です。
e0008704_154298.jpg

振り返ると玄関戸の欄間には、昔の摺りガラス絵がはめ込まれています。ひと手間を掛けた物には、愛着を感じます。
e0008704_1583031.jpg

玄関で呼び出しをし、ランチの部屋に案内していただきます。今日も石川県のテレビ放送局が、情報番組の取材に来ていました。この吹抜け空間は、宿泊部分と食事部分をつなぐ媒体空間です。見せ梁に古材が使われています。
e0008704_223078.jpg

すこし、宿泊部分のホール兼居間を見せていただきました。和を活かした空間にしてあります。
e0008704_261275.jpg

ランチをいただく部屋からの風景です。
e0008704_273314.jpg

さて、今日のランチは、、、。続きは、Moreで。

More 今日のランチです。
[PR]
by kumokuukan | 2012-09-02 01:58 | グルメ