雲の閑人

<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

巣立ち茶会

e0008704_6134513.jpg

淡交会志貴野青年部出身で、今年の3月に裏千家学園の本科(3年)を無事修了したM君が、春から東京で就職するので、志貴野青年部を退会することになり、去年、卒会だった私とふたりで、志貴野青年部他関係者の方々をお招きし、この青年部に育てていただいたことに感謝し、「巣立ち茶会」をおこないました。

会場は、私が改修に携わった囲炉裏のあるアズマダチの家でおこないました。当日は、雪や雨、そして合間に晴れる目まぐるしい空模様でした。悪い行いをしたM君と私なので、今からじゃ遅いと後悔しきりです。
e0008704_6392649.jpg

待合前の板の間には、これから旅立つ者として、自戒も込め、良寛さんの詩が書かれた菅笠の炭斗を飾らせていただきました。

歩随流水覓源泉    歩して流水に随って源泉を覓む
行到源頭却惘然    行きて源頭に到って却って惘然
始悟真源行不到    始めて悟る真源行き到らざるを
倚笻随処弄潺湲    笻に倚り随処に潺湲を弄せん

歩いて流れに沿うて水源地(悟り)を求め、やっとたどり着いてみたら、これは何としたこと、あの滔々たる流れはどこにもない。ただただ呆然たるばかりであった。そこで、やっとわかった。真実の源を遠く探しても、到底そこまでゆけるものではない。まあ、それぞれの場所に従い、杖にもたれ、谷川の流れをすくってみることである。清流(悟り)はそこに厳然として存在しているのである。

そして、横の花は、M君が活けました。
e0008704_7172762.jpg

待合で、香煎(松の実入り)と主菓子をお出ししました。主菓子は、澤田屋製の「千住」です。ヨモギ餡をピンクの餡が包み、さらに外郎が包み、パイ生地で巣籠のような感じにしていただきました。「千住」は、松尾芭蕉がおくのほそ道に旅立つ時の第一宿場です。

敷物は、高岡での青年部ブロック大会で使ったものです。莨盆は、M君のお祖父ちゃん愛用品です。
e0008704_7281946.jpg

本席では、M君が3年修練の成果である流れるようなお点前を披露してもらいました。
e0008704_7305187.jpg

続き薄茶にさせていただき、京都から取り寄せた干菓子をお出ししました。

ちなみに会記です。
待合
待合掛    「懐古今照」           坐忘斎家元 
汲み出し   志野、赤絵   松の実入り
主菓子    千住                澤田屋製

本席
掛物    「養心如養花」   元建仁寺派管長  竹田 益州
花入    滄溟         荒井公夫造 (川合小泉下削り)
花      柳、桜 (ウンリュウヤナギ、ケイオウサクラ)
風炉先   杉板雲透かし
釜      田口丸釜               高橋敬典
炉縁     掻合わせ
茶入     撫肩               陽炎園 膳所
仕覆     権太夫金襴
茶杓          川合自作
水指     花三島                京 陶楽
棚      更好棚
茶碗
 主      黒                    昭楽
 替      井戸写し                益子焼
建水     鉄鉢

薄器     雪月花蒔絵中棗        山中塗  早見征一
薄茶茶碗  蓬莱山             佐藤助九郎
 替      鳳凰絵 等々
千菓子器  四方盆
干菓子    竹の子、桜、早蕨         かぎ良光製
濃茶      宝来の昔               岸松園
薄茶      歩の白              木田芳香園

青年部で使った道具、京都の学園での思い出の道具、今後の思いを込めた道具など、自分達でできる道具にさせていただきました。ちなみに薄茶は、この日のためのオリジナルで、八女と西尾のブレンドで、やさしい味になりました。濃茶がしっかりしていたので、いい塩梅の対比が出たと思います。銘は、丑年生まれのふたりだったので、牛歩にかけて「歩の白」にしました。
e0008704_7313668.jpg

本席のあとは、点心席です。

10年前に婦人画報で大樋年雄賞をいただいた時の弁当を基準にして、囲炉裏での楽しみも加えた、西洋風点心にさせていただきました。料理は、当時の弁当を作っていただいた「木瓜」さんです。

この家にある食器を使わせていただき、高岡市西田にあるパン屋「ブレッド」のバゲットを使って、生ハム玉子サンドとスペイン風オムレツ、海老のムースを一皿に盛付けました。懐石料理でのご飯のおかわりも、サンドイッチを大皿に乗せ、皆さんに回していただきました。

囲炉裏には、アメリカ風の野菜スープを掛け、その下で、ステーキを焼きました。スープは、漆の器に取り分け、ステーキは、頃合いを見て、サイコロに切り分け、サラダの乗ったお皿に盛りつけます。

燗鍋は、ワインに変わりました。
e0008704_9195935.jpg

この日は、6名×3席のお客様を迎え、気心の知れた者同志ということもあり、少しずつ遅れ、3席目は、そのまま私たちも相伴いたし、10時すぎまでの宴会となりました。

玄関前の駐車スペースで、車の入れ替えなどいくらか手間どり御迷惑おかけましたが、無事に務めることができ、皆様に感謝です。


ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2012-03-29 11:17

月心寺の月釜

e0008704_1035448.jpg

金沢の月心寺月釜に参席してきました。

仙叟の墓もあり、裏千家との縁も深いこのお寺の月釜は、金沢の茶会の代表格です。有名なお茶会と聞いていましたが、御縁無く今回が初めてです。
e0008704_8431621.jpg

久々の金沢だったので、最近店舗が新しくなった麩宮田の鈴庵で昼食をいただきました。麩づくしの料理は、Moreで見てください。

食後に新店舗を見学し、そのあと月心寺へ伺いました。

お聞きしていた通りのとてもいい茶会でした。

<会記>
寄付(香席)  床      光悦謡本 老松切宗達下絵  靫彦箱
          別床    詞梨勒(かりろく)
          香合    交趾小牡丹
          炭斗    唐物藤組
          羽箒    青鸞
          鐶      大角豆鐶象眼  徳元在銘
          火箸    時代桑柄
          灰器    南蛮瓶蓋
          灰匙    時代桑柄  少庵所持
          釜敷    唐物藤組  比喜多元達箱

本席       床     藤原俊成 昭和切  森川如春箱   榊原家伝来
                 春歌上 さくらいろに衣はふかくそめてきむ
                       花のちりなむのちのかたみに    他三首
          花     大花延齢草  木五倍子
          花入    青磁尊式
          風炉先  時代金銀砂子散し
          釜     古芦屋桜地紋
            炉縁   春正高台寺蒔絵
          棚     溜塗袋棚
          水指    染付詩箋
          茶器    桜蒔絵嵯峨棗
            替    古九谷草花文
          茶杓    玄々斎作  銘 仙風  共筒同箱 鵬雲斎外箱
          茶碗    御本州浜形  銘 花の香 権十郎蓬雪箱 宗慶外箱
            替    如心斎手造黒  銘 雫  同箱
            替    光悦赤玉写  不徹斎箱   十代長左衛門作
           蓋置   柿釉糸巻印型                賢彰作
           建水   南蛮砂張
          御茶    松の齢                    林屋詰
          菓子    春霞                     吉はし製 
           器     瑠璃南京双竜文鉢
          干菓子   住の江 常盤結び             福文製
           器     唐物朱輪花盆   関戸家伝来
          莨盆    宗和好真塗透し
           火入    織部木瓜形
           莨入    蒟醤
           煙管    玄々斎好
                                          以上

あらためて、すばらしいお茶会を思い出します。    
  

More
[PR]
by kumokuukan | 2012-03-28 10:52 | お茶

平成24年春の彼岸の施茶

e0008704_1031611.jpg

春、秋の彼岸におこなわれている瑞龍寺の施茶に参席してきました。

今回は、ふたりの氷見の先生が合同でお席を持たれ、お点前には、知り合いも多く、楽しみに行ってきました。

本席は、裏千家の又隠写しの四畳半で、床の間には、大徳寺瑞厳老師の「明歴々」が掛りました。楽山焼九代空味の花三島暦手の茶碗で、ゆったり薄茶をいただきました。

茶杓は、ここ瑞龍寺佛殿古材でできた「文殊菩薩」でした。優しい手のような櫂先でした。

私もこの席の蓋置、灰吹きを青竹で作らせていただきました。ほんの少しですが、仲間に入れていただき感謝です。
[PR]
by kumokuukan | 2012-03-28 10:26 | お茶

富大芸文-第3回卒業制作展

e0008704_8413326.jpg

今年も富山大学芸術文化学部第3回卒業制作展を見に行ってきました。

会期中には、有名な建築家やデザイナーの講演があったのですが、予定が合わず、拝観だけになりました。学生が卒業するために手掛けた作品は、どれもエネルギーに満ちており、私の感覚を刺激してくれます。

今年は特に、私の同級生の息子が卒業するので、その卒業制作も見ておきたかったので、行ってきました。
e0008704_8502883.jpg

建築造形の卒業制作もしっかり、見てきました。
e0008704_852562.jpg

日頃の建築業務と違い、この場所にこんな建築ができるといいなと思う純粋さに、自分自身の建築心を奮い立たせ、作品の中を仮想周遊します。

やっぱり、夢を描くことは大切です。その魅力を現実にするため、コストや法などと戦う気持ちや経験が、必要です。魅力がない夢ではいけません。
e0008704_9524765.jpg

知り合いの学生の家具もありました。
e0008704_9535031.jpg

会場を一回りする頃には、普通の風景も自分に刺激を与える有意義な時間となりました。
[PR]
by kumokuukan | 2012-03-26 08:38 | イベント

穴水の牡蠣まつり

e0008704_2238543.jpg

デジカメの調子が悪いので、ついつい投稿が鈍ってしまいます。少し前のことになりましたが、残っている写真で記事を書きます。

久しぶりに穴水の牡蠣をいただいてきました。今回は、とても御縁がある「雁月」でした。ちなみに、写真の調子が悪いので、焼き牡蠣をはじめた1枚だけ残りました。あとは、献立で想像してください。

4000円弱で、能登もずくの酢の物、焼き牡蠣(一人10個以上20個近くありました。)、かきフライ、牡蠣ご飯、白魚の吸い物、香物が出て、大満足の内容でした。牡蠣ご飯の味、盛りが美味かったです。連れの方々は食べきれず、かきフライ、焼き牡蠣を持って帰りました。
[PR]
by kumokuukan | 2012-03-08 22:50 | グルメ

とやまの木せいひん

e0008704_7461514.jpg

とやまの木せいひんのイベントにいってきました。(写真は、富山大学の丸谷先生が制作した特別支援学校用の机と椅子です。)富山県民が富山の木をあたりまえに使うシステムを、みんなで考えていくひとつのきっかけになると思います。

全国の各県が同じような思いを持っていると思いますが、多くの物にあふれた時代で、木の特性を活かし、今の生活と密接に関わりあう木せいひんを創り出すのは、たいへんだと思います。

たくさんの人が関心を持ち、もの作りを続けていけば、次のことが見え、さらなる企画や見せ方など、総合的なプロデュースも加わっていくと思います。

建築を通して、建築に備わるもので、私なりにデザインできるものがあれば、積極的に県産材を使っていきたいです。
e0008704_22204566.jpg

[PR]
by kumokuukan | 2012-03-08 08:05 | イベント

建築士の交付式

e0008704_382283.jpg

2級建築士、木造建築士交付式のお手伝いしてきました。

合格者の方々に免許カードが交付され、県の建築担当者から建築士の心構えなどを聞き、そして、記念の講演を拝聴します。今回も昨年の富山県建築賞住宅部門を受賞された設計者から楽しいお話を伺いました。

今週の3月10日(土)には、1級建築士交付式があります。富山の県民会館の会議室で、2級建築士の時と同じように、記念講演(11時~)があり、建築賞の建築部門を受賞された設計事務所の担当者のお話です。

一般の方でも講演会を聴けますので、興味のある方はお越しください。そして、設計者にいろいろな質問してください。このことは、きっと富山県の建築レベルを高めてと思います。
[PR]
by kumokuukan | 2012-03-06 00:22 | 建築

お茶一区切り

e0008704_225011.jpg

雪の多い2月も過ぎ、3月に入りました。3月も少し忙しくさせていただきます。

デジカメが、ずーっと調子が悪く、そろそろ取り替えようかと思っていますが、税務署への申告が終わってからにしようと思ってます。その調子の悪いデジカメの残っている写真でいくつか記事にさせていただきます。

昔の人生50年といった年を超え、お茶の仲間に入れていただいていたのも一区切りです。いろいろな可能性のあるお茶会をいくつか体験させていただきました。その仲間とのひと時のお別れの総会に参加してきました。

まずは、呈茶をいただきました。脇床には、昨年、文化勲章を叙勲された当代の大樋焼の屏風が飾られました。松にフクロウです。写真は、そのフクロウです。あて字で、不苦労となり、縁起物です。

総会では、家元からの感謝状もいただき、ありがたく頂戴いただきました。皆さんに感謝です。
e0008704_732156.jpg

総会のあと、親先生と一緒に食事をし、その時、自分の卒業制作として、(仮称)茶道会館の企画書を副支部長にお渡しいたしました。できるできない関係なく、自分が在籍した10年間で、感じた事を自分の本業の延長線上で表現させていただきました。(茶道具の作家さんだったら、なにか作品を寄付していきたかったのですが、鉛筆しか持てないもので、、、)

ひとつ、形を提示することで、いろいろな夢が膨らみ、楽しい時間が過ごせます。そして、本当に必要になった時、いろいろな条件など考えればいいので、まずは、こうあったらいいなーが、大切だと思います。
e0008704_2533741.jpg

夜は、総会の一部参加者と、噂を聞いていた「タイキ」さんで宴席でした。とても楽しい時間でした。予定とおり?会費だけでは足りない飲みっぷりとなりました。
e0008704_2591224.jpg

3次会は、お気に入りのK(カッパ)でした。美味しいスイートいただき、皆、大満足でした。

今年からは、20代、30代との交流も減ってくると思います。体力的にも徹夜で飲めません。(在籍中からでした。すみません。)
[PR]
by kumokuukan | 2012-03-05 03:06 | グルメ