雲の閑人

<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

茶開2011開催

e0008704_050061.jpg

今日、いよいよ「茶開2011」が開催しました。

前日の準備が間に合わず、開始時間ギリギリの仕上がりとなりました。
e0008704_0532571.jpg

基本的には、円形ブースに各作家さんが入っていますが、会場全体を調整する作家さんもいます。
e0008704_0563823.jpg

ただ、一点をシンプルにお見せしている作家さんもあります。

明日(27日)は、短冊かけづくりのワークショップがおこなわれます。定員10名ですが、若干の余裕ありますので、急に作りたくなった場合は、ご連絡ください。

それから、12月4日の茶会は、定員150名のところ、残り約10名となりました。北日本新聞の取材も受けましたので、記事になった日は、要注意かと思っています。できるだけ、多くの方に楽しんでいただければと思っていますが、不足のの時はご了承ください。

会期中は、無休でやっておりますので、近くにお寄りの際は、是非、観覧いただけると幸いです。

茶開2011の詳しい案内は、次の記事にあります。また、その後には、いつものブログネタをこっそりアップしております。
[PR]
by kumokuukan | 2011-11-27 01:06 | イベント

茶開2011

e0008704_1915927.jpg

茶開2011のご案内をいたします。

茶道に関連する展示とワークショップを通して、富山での新しい茶道文化をさぐります。

日時  2011年11月26日(土)~12月11日(日)午前9時~午後5時
     入場無料  会期中無休

会場  富山県産業高度化センター(〒939-1119高岡市オフィスパーク5番地)
     http://g.co/maps/6h9j9

展示、ワークショップ
●アーティスト
           谷口 均            [陶芸三助焼]
           黒田昌吾           [漆]
           小路口力恵          [ガラス]
           三浦千歩           [キャンドル]
           畠 春斎            [釜]
           中岡建具店          [建具]
           長谷川奈保子        [表具]
           SHIMOO DESIGN     [家具]
           川原謙一           [花]
●ワークショップ 
    短冊かけづくり    長谷川奈保子
                 11月27日(日)午後2時~
                 定員10名 実費2,000円

    いろいろな和紙を使って、玄関などの小さなスペースに似合う短冊かけをつくります。
    約1時間ほどで完成いたします。


    その他 交渉中


茶会[要事前予約]

日時 12月4日(日)午前11時~午後3時受付まで  (5席予定)
場所 展示会会場
点前 立礼式(イスに座って抹茶をいただきます。)
会費 薄茶一服 1,000円

参加アーティストの茶道具による、初冬のぬくもりを感じる気軽なお席となっております。キャンドルが揺らめく灯のなかで、お茶を楽しみませんか。御茶「雪輪の白」(オリジナル)と特製主菓子でお待ちしております。流派を超えた3人で、茶本来の楽しみを共有します。

席主  森田珠理(表千家)、川合光行(裏千家)、中田啓予(藪内流)

---------------------------------------------------------------------------
お問い合わせ、茶会・ワークショップの申し込み
●雲空間設計スタジオ 川合光行
携帯090-8269-4265
●ナカタヒロヨスタジオ 中田啓予

---------------------------------------------------------------------------
主催:茶開2011実行委員会、(株)富山県産業高度化センター TEL0766-62-0580
[PR]
by kumokuukan | 2011-11-26 23:09 | イベント

親父の勲章

e0008704_253179.jpg

実家の親父が勲章をいただきました。瑞宝双光章です。
ずーっと消防団活動をしていたので、いただきました。
おめでたいことですが、親戚一同経験のないことなので、勝手がわかりません。親父は、周辺の方々に支えられ、その代表で受賞した訳で、その皆さんと一緒に喜び合うために、来春、祝賀会をおこないます。愚息も参加し、貴重な体験させていただきます。
e0008704_2532863.jpg

[PR]
by kumokuukan | 2011-11-25 03:06 | その他

鈴木大拙館

e0008704_141963.jpg

久しぶりに金沢へいってきました。仕事で古民家の床の間を見学し、その後、出来たばかりの鈴木大拙館を見てきました。
e0008704_142267.jpg

設計は、谷口吉生で、相変わらずシンプルな配置平面でありながら、楽しく回遊することができます。
e0008704_1422516.jpg

格子のある建物正面から入って、受付をし、展示空間へ。通路の暗さと距離が、心を落ち着かせていきます。
e0008704_1432725.jpg

突きあたりの壁を切り返すと数段下がった展示空間があります。少し下がることが、より展示物の世界へ誘います。
e0008704_1451016.jpg

展示空間と同じレベルの学習空間から出て、少し上がると水鏡の庭がある外部回廊に出ます。水鏡の庭に浮かぶような、思索空間が表れます。
e0008704_1453413.jpg

展示、学習で知り得た禅の心を一度リセットする最適な時間と空間です。
e0008704_1455117.jpg

水や壁に映る光と影は、形が変われどもその真実は変わらないこと暗示させてくれました。
e0008704_1463054.jpg

自分の時間で、そして周囲の景色を見ながら、思索空間へ向かいます。
e0008704_147089.jpg

思索空間内は、大きな吹き抜けとなっており、その上部には、丸いトップライトがあり、やさしい光に包まれます。そこから見る外の景色は、自分を見つめ直す絶好の空間です。
e0008704_1472743.jpg

退館し、中村記念美術館に繋がる小道を歩きます。コンクリート壁に設けられたスリットからも景色を楽しむことができます。
e0008704_1474925.jpg

わかりづらいところにある蹲ですが、丸、三角、四角が一体となっていました。

また、季節を変えて楽しみにいきたいです。私が見てみたいのは、雪降る日の水鏡の庭の風情です。絶対、絵になると思います。
[PR]
by kumokuukan | 2011-11-07 01:47 | 建築

アケビの盆栽

e0008704_1393441.jpg

富山デザイン展で立ち寄った文化ホールで、盆栽展がおこなわれており、見てみると、松や紅葉に混ざって、アケビや柿の盆栽がありました。実も小さく仕上がっており、おーっていう感じの感動でした。

いろいろな世界を知った感じで、うれしくなりました。
[PR]
by kumokuukan | 2011-11-06 01:39 | その他

こんかぶりのお祝い

e0008704_137918.jpg

本年度の全国水産加工品総合品質審査会で、柿太さんの「こんかぶり」が、最高賞の農林水産大臣賞に次ぐ水産庁長官賞を受賞したので、またまた、氷見夜まちの日にお祝しました。

高岡のカッパ桐ちゃんの特製ケーキです。煮干しを愛するボッシ―二をチョコレートで描いていただきました。絵は桐ちゃん納得していないそうですが、味は、ばっちり美味しかったです。
e0008704_1373072.jpg

この日のスタートは、ラメールでの氷見牛ミニステーキとビールでした。今年最後の夜まちでしたが、来春の夜まちが待ち遠しいです。そして、今年の夜まちでは、御祝いが続いた感じします。来年も御祝いあれば、いいですね。
[PR]
by kumokuukan | 2011-11-05 01:37 | その他

庄川峡の遊覧船

e0008704_0313338.jpg

殺人事件のドラマなどで有名な大牧温泉のある小牧ダムの新しい遊覧船を見てきました。
e0008704_035455.jpg

子持ち鮎の美味しい季節に見たので、今は、ちょうど庄川峡の紅葉ではないかと思います。今週末、紅葉狩りでもしてこようかな。トップライトから見る紅葉に期待大です。
[PR]
by kumokuukan | 2011-11-04 00:37 |

イタリアンのランチ

e0008704_13314650.jpg

最近は、イベントの段取りもあり、出歩いています。

丁度、昼の時間にドルチェヴィータ近くだったので、久々にパスタランチをいただきました。

ひとりランチで、マスターとも少し話し、ゆっくりさせていただきました。12月に少し改装して、個室感のある佇まいにするそうです。また、夜ゆっくりお食事にきたいです。
e0008704_1341723.jpg

デザートもいただき、また、現場打合せにいきました。
[PR]
by kumokuukan | 2011-11-01 13:07 | グルメ

イチイの実

e0008704_1154594.jpg

建築や彫刻の材料に使われるイチイの木に赤い実がなることをはじめて知りました。

そして、この赤い実を口に入れるとなんとも言えない甘い果実です。小さい種がひとつありますが、食べ飽きません。ついつい多く食べてしまいました。

同じイチイなのに実のなる木とならない気があるそうです。

まだまだ、知らない食材があります。
[PR]
by kumokuukan | 2011-11-01 01:22 | グルメ