雲の閑人

<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

H邸上棟です。

e0008704_18372444.jpg

後輩と新たな設計スタイルで取り組んだ住宅の上棟式を2週間前におこないました。

魅力ある空間がいくつも現れ、期待を感じます。今後、細かな納まりを協議していきます。

最近、ブログできないのは、氷見のイベントのあいさつ回りもしていて、なんとなく、ネタ不足のようで。チラシ作成までの山場なので、出来次第このブログに紹介します。たいへんだー(汗)
[PR]
by kumokuukan | 2007-06-23 18:37 | 建築

暑いです。

さすがに夏至が近づくと暑くなります。なので、水に関わる写真を貼って、自分も涼しくなろうかと思います。
e0008704_19205010.jpg

岩魚、ヤマメです。

e0008704_19211043.jpg

蓮です。

e0008704_19212923.jpg

熱帯魚です。

今日は、癒しということで。おっと冷たいジュースも。
e0008704_19255958.jpg

[PR]
by kumokuukan | 2007-06-13 19:23 | その他

特別なランチ

e0008704_1858235.jpg

月一回だけしている30食限定のランチに行ってきました。氷見の知り合いの方からお誘いを受け、食いしん坊の私は、ついつい相伴させていただきました。

山菜中心で、本当においしく料理されております。写真の他に、しょうが味噌の乗ったごはんとミニトマトの入った味噌汁がついてきました。知る人は知るで、11時半には、30人満席でした。本当は、写真撮影禁止ですが、名前を出さないということで載せましたが、写真を載せないで、名前を出したほうがよかったのかなー。ま、常連さんを大切にしているお店なので、あまり詳しくは控えたいと思います。
e0008704_1910229.jpg

[PR]
by kumokuukan | 2007-06-11 07:09 | グルメ

気になる豆腐や

e0008704_18515658.jpg

小杉の路地裏にこんな豆腐屋さんを見つけました。渋いなー。

知った人しか通らない細い路地にあります。しかし、この佇まい年季が入ってます。このままで営業しているということは、地元に愛されている味だということ。次回は、ぜひ、豆腐を買ってみよう。ちょっと覗いてみたが、がんもどきがずらり並んでいたので、揚げ物が得意なのかもしれません。
[PR]
by kumokuukan | 2007-06-10 18:57 | その他

餃子がやってきた~。

e0008704_18381269.jpg
懐かしい第七ギョーザをいただいた。しっかり冷凍されており、調理方法もカラーのチラシが入っています。冷凍のままから調理すると、ちゃんとこんな感じで出来上がります。

ちょっと癖があるから、子供たちは大丈夫かと心配しましたが、私の分まで食べるほどで、大満足でした。

たまに取り寄せようかなー。
[PR]
by kumokuukan | 2007-06-09 08:31 | グルメ

ちょっとおしゃれなお茶会

e0008704_18392869.jpg

何人かの作家さんが集まって、ギャラリーでお茶をキーワードに展示会をしており、その展示期間中に一回だけお茶会がありました。

お点前の棚も今回のために、参加されている家具作家さんがオリジナルでつくられました。ちなみに椅子から電熱器もついて、定価が42万円です。購入されたい方、ご紹介いたします。

さて、抹茶一服の気軽な席ですが、ちゃんとお点前をしていただき、美味しい和菓子もいただきました。銘は初蛍です。
e0008704_18471653.jpg

このギャラリーは、以前から気にはしていましたが、今回はじめて訪れました。
e0008704_1848319.jpg

壁面を、きれいな緑で植栽されているアトリウム空間のあるすてきなギャラリーでした。
[PR]
by kumokuukan | 2007-06-08 08:50 | お茶

栃木の建築行脚

e0008704_21173942.jpg

久々に金沢の友人(大学の同級生)と建築旅行にいってきました。目指すは、栃木です。軽井沢近くのSAによると、目の前には、いつも気になる稜線を持った山が見えます。

初日は、2,3日前に紹介した中村好文さんの住宅現場(NHKのプロフェッショナルに紹介されていた銀杏のある敷地)と内藤廣さんの宿泊施設です。

2日目は、ほぼ隈建築詣でです。まずは、広重美術館。鉄骨の倉庫のような建物が、表層、中の仕切り具合でいい佇まいになっております。
e0008704_2118103.jpg

つぎに、14ひきの野ねずみシリーズで有名な絵本作家いわむらかずおの絵本美術館です。
e0008704_21182826.jpg

設計は野沢正光さんで、OMソーラーの建物です。豊かな自然に囲まれて、周辺に溶け込むような優しい建築でした。

そして、近くには、栃木県の水族館もあり、立ち寄ります。設計は古市徹雄さんです。淡水魚の水族館で、川の断面を見せる展示、水面との関わり、屋上までの回遊性と楽しい空間構成が演出されていました。
e0008704_2118458.jpg

那須方面へ車を走らせ、隈さんの石の美術館を見学してきました。今回見学した隈さんの3作品で一番古い建物で、ここから今の隈さんの設計デザインの手法が生まれたのかと、おおいに感じてきました。
e0008704_21191472.jpg

茶室の設計の経験がある私としては、やはり、石の茶室もチェックです。正直な感想は、そうかーー。という感じです。
e0008704_21192522.jpg

近くの歴史館も見てきました。
e0008704_21194075.jpg

もう少し足を延ばせば、那須の二期倶楽部もありましたが、もう、夕方近くで、今から帰っても家には、午前0時着ということで、帰路につきました。久々に同級生といると話がつきなく、ついつい、学生時代のように、多くの建築を見てしまいます。もっと大人になって、ゆっくりと雰囲気も楽しまないといけませんね。反省です。

こんな遠出でも、すぐに付き合ってくれる金沢の友人、ありがたいことです。
[PR]
by kumokuukan | 2007-06-07 13:20 | 建築

フォレスト益子

e0008704_18222725.jpg

内藤廣設計のフォレスト益子に泊まった朝は、この宿泊施設内にあるレストランで朝食をいただきました。新緑のきれいな庭を眺めながらの朝食です。
e0008704_18225179.jpg

e0008704_1823493.jpg

ちょっと、おしゃれにいただきました。この宿泊施設は、内藤さんの設計とあって、建築関係の宿泊者も多いようです。そんなちょっとこだわりの人に愛されているようで、宿泊の駐車場には、懐かしい車がありました。かっこいいなー。
e0008704_18231672.jpg

e0008704_18232850.jpg

[PR]
by kumokuukan | 2007-06-06 10:13 | 建築

仲よし

e0008704_1723952.jpg

大学時代の同級生が、中村好文設計の住宅を現場担当しているので、引渡し前に現場見学をさせていただきました。

その日の宿泊は、民芸の陶器で有名な益子で、内藤廣設計の宿泊施設です。夜の食事は、現地で紹介してもらった「仲よし」へ行ってきました。じゃ~ん、この佇まい、緑化されています。
e0008704_17295777.jpg

e0008704_17312130.jpg

室内も主人の人柄そのままの状態です。この辺りは、きのこのちたけの食材が有名なようです。まずは、お惣菜の盛り合わせをいただきました。
e0008704_17474160.jpg

左からススタケとジャガイモ、フキ、アイコです。私的には、アイコは初めてです。次に漬物の盛り合わせです。ノビル、ワラビ、ギボウシ、ハクサイです。
e0008704_17503142.jpg

e0008704_17511773.jpg

自慢の玉子焼きもいただきました。そして、ちたけすいとんです。
e0008704_17525019.jpg

飲み物も生ビールのあとに、シドミの果実酒をいただきます。
e0008704_17551645.jpg

山菜の天婦羅もいただき、大満足でした。
e0008704_17564723.jpg

自然を感じながらの食事で、このあとは、宿泊施設に戻って、来る途中の造り酒屋で買ってきた大吟醸を楽しみました。
[PR]
by kumokuukan | 2007-06-04 17:33 | グルメ

らしくで茶陶展

e0008704_1933276.jpg

6月3日まで、富山市の旧家で、お菓子の二俣屋による茶陶展が開かれています。

会場は、個人の住宅で趣味の部屋にしているところを開放して、陶器を中心にしたお茶道具を展示販売しています。このお宅は、お庭も広く、たくさんの茶花があり、今はちょうどいい時期かもしれません。

時間は、朝10時から夕方5時までです。場所は、医科薬科大学の近くです。太閤山ランドの前の道を富山ファミリーパーク方面に向かい、坂を下りた黒河の交差点を婦中、八尾方面に向かいます。小杉池多地区を越え、富山市に入ったら、池多小学校前のローソン手前の道を左折し、坂を下りたら、4階建てのアパートが見えます。このアパートの建ってる敷地内に展示会場があります。

なぜ、私がこんな自宅での展示会を知っているかというと、この会場の基本設計をしたからなのです。お抱えの大工さんと大工仕事の好きな奥様で、好きに施工されたので、あまり私がとは言えないくらいおはずかしいのですが、こんなのもあり程度で楽しんでいただければと思います。なにせ緑のきれいな季節なので、庭をみるだけでも楽しいと思います。

もし、あやしく思われたら、私の名前を出していただければ、ぜんぜん大丈夫です。この文章で、たぶん辿りつけると思うのだが、、、、、。
[PR]
by kumokuukan | 2007-06-01 19:29 | イベント