雲の閑人

<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

松川茶会 H19.3

松川茶会にいってきました。
今年の最初は、裏千家今日庵文庫長の筒井先生の濃茶席です。
京都から、いろんな伝来のある茶道具がそろいました。
e0008704_12222614.jpg
e0008704_1222422.jpg

筒井先生の軽妙な話で、より道具に深みを感じます。会記だけですが、ちょっとだけわかってください。私も知らない世界がそこにあり、少しだけ垣間見させていただきました。

5人分ほどあるたっぷりとある3人分の濃茶をいただきました。また、筒井先生が、大のご贔屓にしておられる加賀の福文さんも来て、作りたての主菓子、干菓子がでてきました。久々の福文さんのお菓子美味しかったです。
[PR]
by kumokuukan | 2007-03-12 12:28 | お茶

鴨南ばん

e0008704_19115139.jpg

家人の風邪をもらって、少しダウン気味です。(幸いインフルエンザではありませんが。)
ここ2、3日の大きな冬の戻りで、雪が降り積もっています。それでも、現場の立会いに行かねばならず、途中で急いで昼食を取ります。

2、3日前までの春の陽気では頼みませんが、寒いのでついつい鴨南ばんを頼みました。

ここ麺房みなみの鴨南ばんは、網焼きした鴨とねぎが乗ります。食べやすいように鴨の臭みは少ないようですが、出汁には、鴨の旨みが絡みます。

さ、早く風邪を治そーっと。
[PR]
by kumokuukan | 2007-03-08 19:23 | グルメ

山遥望亭ファーストプラン

e0008704_1222196.jpg

茶室のファーストプランです。設計するには、いろいろな話をして、徐々にプランを練っていく方法もありますが、話のきっかけ作りのために、簡単にプランニングをして、いろいろな思いを整理してもらいます。この後、目標規模の確認をして煮詰めていきます。

気をつけなければならないのは、このプランが強く頭に残って、本当にこれでいいのか、再度考察するときに的確な判断の支障にならないようにしなくてはなりません。そのためにも、少し時間をかけて、スケッチ、打合せを繰り返します。

いい建築をつくるには、熟成検討する時間が必要です。(発酵系の食品といっしょかな。)

この茶室は、立山が遥か遠くに望めます。外観は、茶室のように見せたくないので、窓の無い四角い箱で、立山が見えるところだけ、大きな開口になります。

このあと、どんな風に変わっていくか楽しみです。
[PR]
by kumokuukan | 2007-03-07 12:51 | 建築

たぶん、ベトナムお土産

e0008704_2074477.jpg

先日のベトナムのお土産で思い出したのが、事務所で愛用している箸です。

3、4年前、ベトナム旅行へ行った夫婦からいただいたものです。材質はわかりませんが、向こうで手に入り易い材料でしょう。魚の象嵌がしてあります。いかにもアジアな感じです。
[PR]
by kumokuukan | 2007-03-02 20:14 | その他