人気ブログランキング |

雲の閑人

2009年 09月 30日 ( 2 )

焼岳へ登頂(後編)

e0008704_10594547.jpg

とうとう、危険区域に入ってしまいました。
e0008704_1104561.jpg

さきほど居た焼岳展望台が見えます。ずいぶん登りました。
e0008704_111826.jpg

下から見上げていた大きな岩が目の前に迫っております。いつものスケール感が飛んで、自分の小ささと自然の大きさを感じます。
e0008704_1112553.jpg

登り始めると、なんとなく息苦しいです。途中には、大きな噴気口から硫黄臭いガスが勢い良くでております。その近くを、黙って歩きます。辛い1時間あまりでした。
e0008704_1125566.jpg

山頂付近の峰から焼岳の南峰を望みます。南峰の頂は、入山禁止です。
e0008704_15121267.jpg

南峰と北峰の間には、溶岩が流れた後の谷が、樹木が無いまま広がっていました。


頂上まであと僅かです。

More 続きです。
by kumokuukan | 2009-09-30 21:31 | その他

焼岳へ登頂(前編)

e0008704_21501796.jpg

先週の土曜日に、通称ロッククライマーの家のオーナーH氏と焼岳登頂に行ってまいりました。
e0008704_21505896.jpg

まったくビギナーな私は、H氏にコースや時間を決めてもらい、付いていきました。朝4時に砺波を出発し、登山口の新穂高温泉郷の中尾温泉に着いたのが、6時すぎでした。駐車場も空いており、とてもスムーズな出だしです。
e0008704_21512178.jpg

昔のガイドブックには、もう少し上まで車でいけると書いてありましたが、現在は、工事車両だけで鎖がしてあります。まずは、近道を軽く山登りです。ガイドブックにある登山口に到着しましたが、すでに足に違和感を感じます。靴擦れです。カット判を忘れてしまいました。強行。
e0008704_21514466.jpg

10分ほどで「白水の滝」の展望台です。焼岳は今も活火山なので、滝の廻りもなにか硫黄臭い感じです。
e0008704_2152456.jpg

遠くに笠ヶ岳が見えます。登山道の木々には、所々に木の名前と解説札があります。自然の岩と雑木の風情は、造園の参考になります。苔むした感じは、日本人の心には、たまりません。
e0008704_21554769.jpg

e0008704_21523034.jpg

いろんな苔がありますが、途中にヒカリコケがありました。苔フェチにはたまらないんだろなー。
e0008704_2156147.jpg

岩の上にある大木。根っこが岩を抱えております。すごい迫力です。

さらに登っていくと、
e0008704_2344484.jpg


More つづき
by kumokuukan | 2009-09-30 21:07 | その他