人気ブログランキング |

雲の閑人

茶室見て歩き「内山邸」

e0008704_9151724.jpg

富山県建築士会富山支部企画の茶室見て歩きに参加してきました。今回は内山邸で、富山職芸学院の上野教授に案内していただきました。
e0008704_9172561.jpg

e0008704_9181915.jpg

まずは、内山邸全体の話をお聞きながら、書院の茶室へ進みます。明治以降の豪邸は、江戸時代の十村の邸宅がお手本になっているそうで、この内山家は十村をしていました。
e0008704_919275.jpg

貴人口も配慮した書院横の茶室です。持仏堂があったり、床の間の書院下が、胴庫として使えるようになっていたりと、使い易い茶室になっています。
e0008704_9205715.jpg

e0008704_9235539.jpg

e0008704_9241159.jpg

茶室の室内はほの暗く、手押しだとボケてしまいます。
e0008704_9243692.jpg

敷地内には、観賞用の鶏小屋もあったようです。
e0008704_9343093.jpg

蔵の横にあった書斎を改修してできた茶室「夜雨廰」です。
e0008704_9352577.jpg

梅林が見える書斎を、少し手を加え茶席にしています。床の間も元々あった琵琶床を茶席に合うようにしてあります。
e0008704_10221234.jpg

離れの茶室「三入庵」です。
e0008704_1024223.jpg

e0008704_10244199.jpg

ここは、4畳半の本勝手です。
e0008704_1025764.jpg

腰掛待合や広い水屋もあり、とても使いやすそうな茶席でした。いつもは、閉まっていて拝見できませんが、やっと中を見ることできました。
e0008704_10282054.jpg

一般拝観では、庭に入ることできませんが、上野先生の案内ということで、お庭も見せていただきました。

次回は、9月14日、金沢の兼六園「時雨亭」「夕顔亭」の見学会です。興味のある方は是非参加してみてください。一般2500円の参加費がかかりますが、改修設計者の案内付きでとてもいいと思います。富山県建築士会に問い合わせてみてください。

ブログTOPへ
by kumokuukan | 2013-07-22 02:23 | 建築
<< 羽黒とんぼ 幸寿司 >>