人気ブログランキング |

雲の閑人

祇園まつり

e0008704_19345780.jpg昨日、氷見の祇園まつりに出かけた。子供二人と妻を連れて、香具師詣でである。この夜は氷見クリックのプレイベントとして、昨年の作品の上映会をゲリラ的にやっており、その応援も兼ねて、繰り出した。

まずは、子供といっしょに日吉神社へ。途中、ベビーカステラやこんにゃくおでんを買いながらのそぞろ歩き。その年その年で目新しい香具師があるが、今年は昨年と変わらぬ感じ。子供も祭り慣れしてきて、行く前から、どこの香具師にいくか決まっている。

娘は、ベビーカステラ、おでん、ボールすくい。息子は、100円のくじ付ジュース、やきそば、たこやき。あとはよっぽどない限り買わない。小さい時はいろいろ買っていたが、なかなか渋くなってきた。

お宮でさい銭して、しっかりお参りし、子供におみくじ。ふたりとも大吉。

帰り路、祇園の華やかな提灯山を愛でながら、氷見クリックゲリラ上映会場へ向かう。

歩きながら、祭りを思う。
祭りには、静の祭りと動の祭りがあると思う。私の育った町のつくりもんまつり(野菜で人や建物をつくりお供えする)や七夕まつりなどは静であり、氷見に多くある獅子舞や、けんか山、神輿は動である。

芸術も絵画展など、自分の好きな時間に楽しめるのが、静の芸術。舞台、コンサートなど、その時間だけを楽しめるのが、動の芸術。当然、静と動が絡んでいるものもある。

今回の氷見クリックは、基本的に、静であるが、その一過性において動的な部分もあるイベントです。スローな氷見のメローなイベントになってほしいと願いつつ、会場に到着。

通りすがりがちょっと覗くだけの観客ちらほら状態だが、8月6日の夜は、観客が爆発しちゃいそうです。熟れすぎるかな。
by kumokuukan | 2005-07-14 10:31 | イベント
<< 去年の今頃 小さな本屋で >>