雲の閑人

小さな本屋で

最近本屋に足が向いていなく、久々に入った。定期購読している本の支払いを兼ねたわけだが、来月支払いになっており、空振り。

レジに近い本棚から、ブルータスを見て、おー建築だと思い、ページを進めるが、情報の早さはあるが、写真が小さく、買おうか迷ったが本棚へ戻す。その横には、おいしい宿や趣味人の本が並び、また手に取り、覗く。何年か前はよく情報誌を買って、いいなーとあこがれ、旅行の参考にもしたが、少し物足りなく、またまた本棚へ。

それから、別冊太陽のコーナーへ行き、古民家再生3を手に取り、中を見て、多少の参考になるが、このくらいなら自分もできると負けん気が出て、本棚へ。同じ太陽の全国の和菓子を取り、覗く。贔屓にしている山形のからからせんべいも出ていたし、先日行ってきた松本の開運堂、翁堂のお菓子もでていた。主だったものも見えるが富山のお菓子がない。本棚に戻す。

その隣の建築雑誌のコーナーへ。新建築の住宅特集を手に取り、ページを流す。写真を悔いるようにそして流す。あっと思ったところで手を止めるが、また、流す。次に住宅建築を取って又、流す。やはり材料の味わいが気になり、買おうか迷う。そして、下を向くとa+uのCCTVbyOMAが目に入り手に取る。また、ページを流す。
e0008704_1984158.jpg


腕の脇に挟んでキープ。また、いくつか雑誌を見るが、この本を持ってレジに向かい、買ってしまった。表紙は白に黒の中空変形6角形の判

日頃の設計には直接結び付かないかもしれないが、なにか創造をかき立てられるものについ手が出てしまう。また、事務所の建築本コレクションに仲間入りです。
[PR]
by kumokuukan | 2005-07-12 20:30 | 建築
<< 祇園まつり 今年のあゆ >>