人気ブログランキング |

雲の閑人

価格

e0008704_189340.jpg

いよいよ、小杉ち一庵で酒器十色が始まりました。10人の、いや9人の作家さんの酒器が、色とりどりで華やいでいます。

どれも買いたくなるような作品で、価格もおもわず、いいかなーと思うものばかりです。(個人的には、金属作品の錫があまり、見なれないので、ほしいなと思いました。)皆さん、遊びに来て下さい。

さて、私も酒器セットなるものを出しています。(はずかしー。)今回の展示会に合せ、参加作家さんの作品を取り混ぜて、作ったのですが、いざ、価格をつけるとなるとむずかしい。悩みに悩んで、今朝ようやく決め、価格板をおいてきました。

作家さんに依頼して、作っていただいて、支払った代金とギャラリーに支払う代金、私が作家さんと打合せ等の経費、そして、自分の手間賃、それから消費税を入れると、ドン! ¥ 48,300−(石、漆板、ガラスと陶器が3つ、盆栽苔、クッション布)になってしまいました。後は、見に来られた方がどう評価されるのか。

売れてなんぼの、建築とは違う世界です。

また、17日の宴会で使う竹の器制作のため、山へ竹を伐りにいき、実家の納屋で加工してきましたが、なかなかたいへんでした。つくりながら、やっぱり手間がかかるのを体感して、自分の価値観、評価を思い、朝つけてきた価格を思うのでした。これで良かったのかなー。幸せな気分を演出できたかなー。

悩みの棒線多用です。
by kumokuukan | 2005-10-15 18:44 | アート
<< お座敷 今日の昼食 >>