雲の閑人

滑川宿まちなみ保存と活用の会

e0008704_22353272.jpg

大学の同級生が、滑川で暮らし、そして、ひとつの古民家に出会い、調査の手伝いと復原工事に携わって、国登録有形文化財になり、まちの機運も盛り上がり、ついに「滑川宿まちなみ保存と活用の会」が立ち上がりました。

滑川には、まだまだ魅力ある古建築が数多く残っており、さらには、幕末の名大工岩城氏の古文書も多くあり、それはそれは、魅惑な建築エリアであります。

そんな「滑川宿まちなみ保存と活用の会」の設立記念の講演に出かけてきました。この会は、2年間ほど入会無料で、多くの会員を募るそうです。会員の大きな輪が、次のイベントのボランティアとなり、その力が、地域の個性を大切にした魅力あるまちなみづくりとなり、まちの活性化に繋がっていきます。

滑川宿まちなみ保存と活用の会に関心のある方、是非参加してみてください。地元の人でなくても、まちづくりに関心のある方は、必ず良い経験ができると思います。
[PR]
by kumokuukan | 2010-06-02 22:35 | 建築
<< 住宅研修IN大阪堺 CASBEE戸建講習会in名古屋 >>