雲の閑人

<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

松本での勉強会に参加

e0008704_9543815.jpg

いつもお世話になっている建設会社の代理出席で、松本で開催された工務店向けの勉強会に参加してきました。
e0008704_9554811.jpg

車移動のふたり参加で、東海北陸高速経由、安房峠越え松本入りです。まずは昼のランチでお蕎麦をいただきました。
e0008704_9563881.jpg

松本の工務店に到着し、早速モデルハウスの見学会です。
e0008704_9571167.jpg

e0008704_9574796.jpg

全国の元気ある工務店では、自社事務所の横に庭付きのモデルハウスを建てることが流行っています。自社の住まいづくりに対する考え方を表現し、お客様と空間の共有化を図っています。
e0008704_9581725.jpg

ここには、モデルハウスと打合せ棟があり、打合せ棟は、地域のイベントなどにも利用されているそうです。地域貢献が、地域活性化になり、また商売に結びつくという大きな社会循環に対する想いで、打合せ棟を開放されています。
e0008704_9584622.jpg

住宅分譲地に計画された家具屋さんとのコラボ住宅も見学させていただきました。
e0008704_959746.jpg

隣にシンプルな住宅もあったので、外観写真をいただきます。
e0008704_100985.jpg

このあと、この工務店社長の仕事の取り組み話を拝聴し、宿泊先の浅間温泉「玉の湯」で懇親会です。
e0008704_1004020.jpg

馬刺しも出ました。
e0008704_1011124.jpg

〆は、手打ち信州蕎麦です。
e0008704_1024931.jpg

翌日は、降幡廣信さんの講演会があり、会場入り前に国宝「松本城」を見てきました。
e0008704_1031210.jpg

さすが国宝です。見ごたえ十分でした。
e0008704_1034018.jpg

講演会会場は、酒屋さんを曳きや改修した「中町蔵シック館」です。
e0008704_1035589.jpg

降幡廣信先生は、日本での古民家再生の先駆者で、84歳の現役建築家です。
若き日、約1ヶ月海外の建築を見に行き、西欧建築の良さを感じるとともに、日本の民家の大切さを感じたそうです。帰国後(昭和40年頃)、古民家の改修に関わり、当時の若き女性所員の一言「もし良心的な建築家なら今日見てきた建物は見逃してはいけません」で、改修した古民家が、その後を決め、いままで全国で400件近く手がけたそうです。
e0008704_10155344.jpg

講演会途中から実際手がけた中町通りの建築を見ながら、講話いただきました。
先生の手法は、古民家の復元ではなく、今の時代にあった機能に対応しつつ、古民家のエッセンスで再構築されています。なまこ壁に窓が無くても、通り対してショーウィンドウ的なものが必要だったらそれらしく設けています。
e0008704_10253619.jpg

奥のビルと手前の建物も先生の設計です。
e0008704_10285258.jpg

奥のビルは4階建てですが、材料的なものを合わせると一体感がでてきます。修景の意識が生まれると担当外の道路も小奇麗になっていきます。とてもいい話を聞くことができました。
e0008704_10344113.jpg

昼に解散になり、昼食で松本市美術館に行きました。現代アーチストの草間さんは、松本市出身で、庭に大きなオブジェがありました。
e0008704_10363986.jpg

なんと自動販売機も草間作品風になってます。コカコーラも、気がきいています。
e0008704_10373723.jpg

美術館のレストランで、美味しい1000円ランチいただきました。
e0008704_1038592.jpg

松本から高岡までは約3時間30分です。途中、高山市内を道草して帰りました。
久々の良い研修でした。

ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2013-05-28 02:39 |

イーハトーヴの旅

新規の記事は、この記事のあとにあります。

e0008704_10532112.jpg

一昨年の「茶開2011」でキャンドルを担当していただいた三浦千歩さんから、キャンドル展の案内をいただきました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

三浦千歩 キャンドル展「イーハトーヴの旅」

会期  2013.5.16~5.21
    AM10:00~PM6:00(最終日は、PM4:00まで)
会場  ギャラリー ノア
    石川県白山市番匠町235-5
    TEL076-276-4486

湯谷知子さんのよる朗読会
    18日(土)PM5:00~ 「やまなし」「鹿踊りのはじまり」
    19日(日)PM2:00~ 「ざしき童子」「どんぐりと山猫」

私の学生時代は、
傍らにいつも宮沢賢治の詩や物語たちがありました。
そのイーハトーヴの世界を旅した経験は、
まるでパスポートのように、そして道標のように、
いつしか現実の世界を歩くわたしの手を引き
背中を押してくれるものになっていったのです。
広大で奥深いイーハトーヴで見聞きしたものごとを
キャンドルにすることは、宮沢賢治のいう
<幻燈>をこしらえるようでもあります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

富山からは少し距離はありますが、小さな旅気分で、出かけてみませんか?

この周辺の松任には、造り酒屋の蔵を改修したランチのいただける店(要予約)や銘酒「天狗舞」、お土産の定番「あんころ」の本店があります。

私も見にいってきます。朗読会も気になっています。

ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2013-05-20 09:41 | イベント

三浦千歩キャンドル展

e0008704_642763.jpg

三浦千歩キャンドル展に行ってきました。ちょうど宮沢賢治の朗読がおこなわれていました。
e0008704_6475759.jpg

e0008704_7175718.jpg

朗読されている「どんぐりと山猫」を題材にしたキャンドルです。
e0008704_7211162.jpg

宮沢賢治の世界が広がります。
e0008704_7231265.jpg

e0008704_7235132.jpg

e0008704_7245051.jpg

火を灯すと、さらに美しさが増します。どれも火を入れたくなります。
そして、又一緒にお茶会をしたくなってきます。
e0008704_7301155.jpg

鉱物採集をイメージした実験的なキャンドルもありました。

三浦さんと少しお喋りし、更なるキャンドルの可能性を感じることができました。
今後も楽しみです。

ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2013-05-20 07:35 | アート

建築と緑

e0008704_11555458.jpg

伊礼智さん設計の「新高岡の家」の緑がとても綺麗です。写真撮影の立会い前に2階のデッキ周りの撮影箇所の確認しました。

ツリーハウス的な2階のデッキは、家と緑が上手く絡みあっていると思います。
e0008704_124959.jpg

e0008704_1255886.jpg

庭にも造園家荻野さんが仕掛けた花がたくさん咲き出しました。
e0008704_1232962.jpg

住宅と庭のいい関係を楽しむ良い季節になりました。この空間を体感されたい方は、ミヤワキホームに予約してみてください。時間の都合がつけば、ミヤワキ、伊礼さんの代理で、住宅内見の説明いたします。

個人的には、ここでランチをしたいのですが、まだ、住宅内の食事は、特別の時だけです。

ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2013-05-12 11:53 | 建築

灰型の遠山

e0008704_11161160.jpg

初夏に入ると、お茶は風炉の季節になります。そして、隠れた美学の灰型の季節の到来です。

今年初めての風炉灰型をしました。一般的な二文字と遠山のうち、一つ遠山をさせていただきました。遠くに山を望み、谷に流れる川のように仕上げます。
e0008704_11291874.jpg

なかなか円弧が上手く引けません。それでも真摯に灰に向き合い一心不乱に灰型を作ることは、神や仏への祈りにも通じるような気がします。

気持ちを込めて、また次回、挑戦したいと思います。今年は多く灰型できるよう頑張りたいと思います。
e0008704_11422816.jpg

灰型が終わって、早速、お茶一服いただきます。お菓子は、京都の鍵善良房の水ようかんです。
青竹が清々しい美味しいお菓子でした。


ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2013-05-11 11:34 | お茶

愛車に感謝

e0008704_17503353.jpg

ちょうど数字がそろったので、写真を撮ってしまいました。

愛車に感謝です。これからもよろしくと声を掛けてしまいました。

ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2013-05-02 09:53 | その他

今年も「ふぐ」

e0008704_1731122.jpg

今年も富山湾の「ふぐ」の季節がやってきました。十四代 辻常陸の張子犬が鎮座しているお店でご賞味いたします。
e0008704_1762764.jpg

楽しみにしていた友人と「ふぐ」三昧です。まずは湯びきをいただきます。
e0008704_17254420.jpg

e0008704_1726876.jpg

しゃぶしゃぶです。むっちりとした歯ごたえに、身の甘みが堪りません。
e0008704_1728463.jpg

白子焼きです。香ばしさと旨みが最高です。
e0008704_1730243.jpg

ひれ酒を1番だし、2番だし、3番だしといただきます。香りと味の変化を楽しみながら、ふぐ鍋をいただき、最後は雑炊です。

料理していただいた仕事人の大将から、また、たくさんのことを教えていただきました。

ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2013-05-01 17:06 | グルメ