雲の閑人

<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏のびっくり

e0008704_1042156.jpg

夏、能登へ行ってきた時に見かけた民宿です。

なにがびっくりなのか、とても気になります。玄関を入るとそこに?????、なにかあるのかなー、気になるな。
[PR]
by kumokuukan | 2012-08-21 10:40 |

ユニコネルモンドはゆっくり

e0008704_9491212.jpg

ユニコネルモンドのトイレ横のつくばいの注ぎ口をつけたので、夜のお食事に行ってきました。

昼、夜と、ずーっと、客足が続いており、ホールスタッフが大変のようです。スタッフのスイーツは、今回お預けでした。

つくばいの注ぎ口を付けましたが、つくばい下の排水勾配がとれていませんので、まだ、未使用です。

私の都合にあわせて、作業しますので、お店と一緒で、ゆっくり作り上げていきます。左官壁や造園など、まだまだすることいっぱいのようです。
e0008704_1002185.jpg

お酒もいただき、こんな渋いお宿に1人寝させていただきました。

次回は、ランチをいただきにいきたいです。
[PR]
by kumokuukan | 2012-08-12 09:46 | グルメ

伏木まちあるき

e0008704_1585331.jpg

富山県建築士会高岡ブロック企画のまちあるきに参加してきました。建築の基本は、観ることから始まると思っています。その土地の歴史を踏まえ、未来を創造する時、その土地に残された建築は、いろいろなことを語りかけてくれます。よく観れば、多くの事を学ぶことができます。
e0008704_2104066.jpg

今回は、高岡市伏木地区のまちあるきとなりました。
e0008704_213305.jpg

受付のお手伝いのあと、皆さんと一緒にまずは、勝興寺の境内です。お寺には、○○山○○寺と名前が付きますが、ここは、雲龍山でした。なにか大きさを感じます。
e0008704_12125313.jpg

いつ来ても、いろいろな所を楽しく拝見できますが、今回は、なぜか柱脚に目がいってしまいました。
e0008704_12155729.jpg

本堂の見学のあとは、ちょうど改修中の庫裏の現場を拝見させていただきました。
e0008704_1219244.jpg

まるで、教科書に出てくる建築の構造スケッチのような状態になっています。それが原寸で、目の前にある迫力はすごいです。
e0008704_1223469.jpg

庫裏全体を覆っている中間柱無しの大屋根もすごい迫力です。この大屋根は、仮設工事なんですね。
e0008704_12262151.jpg

こんなアングルで構造体を見れるのは、改修が終わるとあり得ないので、しっかり拝見させていただきます。
e0008704_12281072.jpg

耐震補強もされ、小屋裏に凄い量の鉄骨が入っています。改修が終わると天井内に納まってしまうので、これも見ることができません。
e0008704_12303982.jpg

屋根瓦も多様です。昔は、勝興寺の周辺に瓦屋さんがたくさんあり、瓦を焼く窯もたくさんあったようです。

勝興寺は、元々城跡に出来たお寺で、周囲には濠が残っています。そこも散策し、新しい名所の椿の散歩道も歩きました。4月中旬が見頃で、椿のトンネルを楽しむことができます。
e0008704_14125896.jpg

勝興寺周辺を一回りし、参道にあるお寺の建築的特徴を鑑賞し、伏木測候所を見学です。
e0008704_1416795.jpg

木造の洋館建てです。昔は、24時間体制で、気象観測を人手でおこなっており、周辺に宿舎もあったようです。
e0008704_14175932.jpg

現在は、すべて機械化され、無人になり、記念館として残っています。
e0008704_14195467.jpg

古い寺内町を歩き、北前船資料館になっている旧秋元邸を見学です。
e0008704_1423114.jpg

望楼のある大好きな所ですが、今日はなんとなく柱脚が気になって、ついつい写真撮ってしまいます。

このあと、坂を下り、町家や看板建築を鑑賞し、途中で昔アイスもいただき、たっぷりのまちなみ散策でした。

やはり、町でも山でも海でも、歩く速さ感覚で、いろいろ見ることは、とっても大切だと痛感しました。
[PR]
by kumokuukan | 2012-08-11 02:15 | 建築

石崎奉燈祭

e0008704_112518.jpg

ずーっと気になっていた石崎奉燈祭に行ってきました。

昔、金沢の飲み屋さんで、露天商の方からお聞きした石川県で一番好きな祭りは、石崎の奉燈だと。氷見からも近いのですが、毎年8月の第1土曜が祭り日で、私は去年まで、第1土日曜に用事があり、行くことができませんでした。今年は、昔話を思い出し、タイムスケジュールも確認し、妻と出かけました。

港町の祭りは、期待が膨らみます。予定の時間がきても、まだ、大奉燈の乱舞が始まりません。
e0008704_1202860.jpg

遠くから囃子と掛け声が響いてきました。
e0008704_1231968.jpg

すごく大きいです。そして、この大きな奉燈を神輿のように担ぎ、掛け声を合わせ、進んできます。
e0008704_1273894.jpg

大人の男が、掛け声を合わせ、担ぐ姿は迫力があります。

富山県には、山車がいくつもあり、優雅であったり、喧嘩したりしますが、この奉燈は、純粋に担いで、この迫力すごいです。常に真剣に担がないと奉燈が傾いて、前に進みません。
e0008704_1374555.jpg

神輿のある広場で、各奉燈が乱舞します。そんなに派手に動くことはできませんので、奉燈の上で叩く太鼓が華麗に見せてくれます。
e0008704_1412817.jpg

紙吹雪の仕掛けなどもありますが、なんといっても人の迫力です。
e0008704_1471969.jpg

e0008704_147484.jpg

この迫力は、露天商好みを感じます。
e0008704_1432274.jpg

家のすぐ横にくると、その大きさがわかると思います。
e0008704_151953.jpg

広場に勢ぞろいし、記念撮影です。

祭りは、夜も楽しいと思いますが、今回は晩御飯の準備もあるので、あとにしました。
e0008704_155766.jpg

折角なので、漁港を見てきました。あまり混雑もせず、とても身近に迫力ある奉燈祭を堪能することができました。

おまけ
e0008704_262422.jpg

気になりついでで、七尾湾の入り口の観音崎灯台を見てきました。
e0008704_214151.jpg

いい一日になりました。

ブログTOPへ
[PR]
by kumokuukan | 2012-08-07 01:21 | イベント