雲の閑人

<   2012年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

雪の庭

e0008704_0502996.jpg

雪の禅庭です。
e0008704_0564093.jpg

石が座禅をしている老師に見えてきます。
[PR]
by kumokuukan | 2012-01-30 00:54 | その他

ここで一服

e0008704_0414695.jpg

富山民芸村、円山庵の一服です。美味しく薄茶いただきました。
[PR]
by kumokuukan | 2012-01-30 00:43 | お茶

冬の五箇山

e0008704_0285974.jpg

古民家改修の打合せも兼ねて、冬の五箇山にいってきました。

この日は、続いていた雪模様も止み、日が射すお出かけ日和となりました。合掌造りの最大級の岩瀬家を見学しましたが、囲炉裏があっても寒さは、足の裏からきます。
e0008704_034307.jpg

お昼は、五箇山とうふ定食に熊肉そばをいただきました。温まったところで、相倉集落を見学してきました。

素朴でストイックなデザインは、今回の改修工事とは、ズレを感じてきました。

まだ、カメラの調子が悪いので、きれいな雪山風景は撮れませんでした。
[PR]
by kumokuukan | 2012-01-30 00:39 |

住宅打合せ

e0008704_020654.jpg

某社での住宅打合せに参加してきました。

東京からの設計者なので、高岡の町家や砺波の散居村ミュージアムを案内しました。

夜は、北陸の食で一献となり、有意義な一日となりました。次回の打合せにも参加しますので、とっても楽しみです。
[PR]
by kumokuukan | 2012-01-30 00:26 | 建築

取材で七尾へ

e0008704_2330242.jpg

富山県建築士会が、今年60周年を迎え、記念冊子「職人アーカイブ」を出しますが、その記事の一部の取材のため、七尾市百海へ行ってきました。

折角ここまできたので、いつもいけなかった所へ小旅行です。
e0008704_23374996.jpg

伊掛山の八宮神社の階段です。100段強の直通階段、迫力があります。
e0008704_025345.jpg

小さな漁船1隻だけの港です。風景画を描きたくなります。
e0008704_061371.jpg

屋根の上で猫がのんびり日向ぼっこしていましたが、カメラを持って近づくと、皆、臨戦態勢となり、こちらを凝視してます。

もう少し奥もあったのですが、次回の楽しみで、ここで引き返してきました。
[PR]
by kumokuukan | 2012-01-21 23:30 |

田村の蕎麦

e0008704_23183656.jpg

富山市神通町の田村さんが、お昼に御蕎麦を出されることになり、H氏に連れてってもらいました。

北海道の蕎麦を使用されています。セットメニューには、娘さんの嫁ぎ先である鱒寿司も付いてきました。
e0008704_2324142.jpg

そば粉でできたデザートもいただきました。

今までのランチは予約になりますが、御蕎麦だと予約なしでいただけます。富山で用事があった時、気軽に利用できそうです。
[PR]
by kumokuukan | 2012-01-19 23:27 | グルメ

最後の焼肉「こすけ」

e0008704_22231472.jpg

長い間、楽しませていただいた焼肉「こすけ」が、昨年をもって閉店しました。とても寂しいのですが、私のブログには、しっかり残しておきたいと思います。
e0008704_2243542.jpg

今年から取壊しが始まっている高岡駅前の地下街の隅に「こすけ」がありました。当初は、小さな店だったようですが、のちに隣の空き店舗と一緒にして、昨年まで営業しています。
e0008704_22485941.jpg

大阪の焼肉屋で修業した親父さんと、大のジャイアンツファンの奥さんふたりで切り盛りしてられました。ずーっと網焼きにこだわっておられました。
e0008704_2253374.jpg

e0008704_2254438.jpg

いつもの後輩2人とこの日は、心ゆくまで「こすけ」の肉を堪能しました。

親父さんには、生涯たったひとりの弟子がいます。その弟子は城端で焼肉店をされているそうですが、弟子の弟子が砺波に焼肉店を出したそうで、この店が閉店してから、ゆっくり食べに行きたいと言ってられました。
e0008704_2324225.jpg

いつも最後にいただく味噌汁です。焼肉屋さんの前は、大阪の名亭で修業され、鱧の骨切りも得意だったようです。美味しい味噌汁でした。

本当に長い間、ありがとうございました。
[PR]
by kumokuukan | 2012-01-18 22:29 | グルメ

第3回ヒミング歩きであい部

e0008704_2291277.jpg

ヒミングの今年最初の歩きであい部に参加してきました。

午前中用事があり、なんとかギリギリに参加しました。写真好きなチームと一緒です。いつも車で通りすぎる街を歩くだけで、いろいろな発見があります。
e0008704_22155433.jpg

店をやめたショーウインドウに飼い犬がいます。街かど動物園です。ショーウインドウを利用していろいろな動物がいると街が楽しくなるかもしれません。
e0008704_22202760.jpg

昔ながらのバス亭待合所です。近所の広告が懐かさを感じます。
e0008704_22231854.jpg

神社の境内を見て回りました。古くからある由緒ある神社でした。
e0008704_2224484.jpg

神輿蔵の棟飾りです。ずーっと神輿は出ていないようです。どんな神輿か興味が湧きます。見たことのない工芸品が装飾されてたりしてるかもしれません。
e0008704_2227394.jpg

地蔵堂の壁面レリーフです。モルタル画だと思います。今年は辰年なので、登り龍はいいんじゃないでしょうか。
e0008704_22303424.jpg

住宅の勝手口にあった手すりです。自然木をいかした手すりが絶妙です。

このあと曙の造り酒屋に寄り、酒蔵まで見せていただきました。ちなみに2月第三日曜に新酒会があるそうです。興味ある方は、問合せして参加してください。

歩きであい部からのお小遣いで、各チームいろいろな物を購入して、今後の打合せをおこないました。オリジナルの地図ができるみたいです。興味のある方、来月の歩きであい部に参加してみてください。新しい発見が、どんどん展開していくかもしれません。
[PR]
by kumokuukan | 2012-01-17 22:04 | アート

今週も初釜

e0008704_023559.jpg

今週も初釜に参席してきました。1年ぶりに、岩田藤七が所持していた双鶴の釜でお茶をいただき、その後、手作りのお料理をいただきました。ちらし寿司のイクラも氷見産自家製です。
e0008704_03774.jpg

鯛の昆布〆や鯨の吸い物、フト(大魚の腸で今回は鰤です。)の煮付けなど、氷見ならではの御馳走でした。
e0008704_034179.jpg

翌日は、知り合いのお宅で、男だけの初釜です。玄関寄付の飾りです。
e0008704_035967.jpg

待合には見事な炭飾りと画賛、軸の上には正月飾りです。6名の客で、待合で香煎をいただき、湯桶の蹲で清め、席入りしました。

床の間は、国泰寺前管長の稲葉心田老師の「春入千林處々鶯」の軸に、結び柳と古銅の花入れにツクバネ、紅白の椿が活けてありました。点前座は、紹鴎棚です。

まずは、炭手前をし、懐石です。
e0008704_04271.jpg

吸物八寸で、はじめからお酒をしっかりいただきます。酒もどんどん出てきて、料理も次から次と出てきます。
e0008704_044652.jpg

椀物もいただきます。途中、お客さんから謡もでて、どんどん酒が進みました。

あまりに楽しいお酒で亭主も最後のお菓子を出し忘れ、お濃茶前に主菓子いただきました。主菓子は、金沢吉はしのよもぎ餡のお菓子でした。

お濃茶、薄茶をいただき、最後に福引きをして、お開きとなりました。

さーて、正月気分も終わり仕事モードに突入したいのですが、来週は、地元の新年会が続きます。
[PR]
by kumokuukan | 2012-01-15 00:07 | お茶

2012の初釜

e0008704_138473.jpg

初釜にいってきました。今年の懐紙入れの中身です。

扇子は、宗家研修でいただいたものです。いつも使うものですから、宗家訪問した時のことが、常に思い出します。

ふくさは、お茶席を持った時に作ったものです。古ふくさは、大好きなお茶の先生からいただいたもので、今年もその先生のお茶会に参席してきました。

楊枝は、地元作家の澤田さんのステンレス製です。カタナのようで好きです。
e0008704_13162431.jpg

今年も無事に、大好きな先生のお茶会にいってきました。その時の釜です。地には十牛図の一節が描かれております。鐶付は燕でした。素敵な釜でした。
e0008704_13211325.jpg

前日は、私の社中の初釜でした。稲葉心田老師の「一」が床に掛り、また新たな気持ちで茶と向き合いました。食事は、居酒でいただきました。香箱蟹は、外子たっぷりでとても美味しかったです。

今週も知り合いの初釜に参席させていただきます。
[PR]
by kumokuukan | 2012-01-10 13:26 | お茶