雲の閑人

<   2009年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

焼岳へ登頂(後編)

e0008704_10594547.jpg

とうとう、危険区域に入ってしまいました。
e0008704_1104561.jpg

さきほど居た焼岳展望台が見えます。ずいぶん登りました。
e0008704_111826.jpg

下から見上げていた大きな岩が目の前に迫っております。いつものスケール感が飛んで、自分の小ささと自然の大きさを感じます。
e0008704_1112553.jpg

登り始めると、なんとなく息苦しいです。途中には、大きな噴気口から硫黄臭いガスが勢い良くでております。その近くを、黙って歩きます。辛い1時間あまりでした。
e0008704_1125566.jpg

山頂付近の峰から焼岳の南峰を望みます。南峰の頂は、入山禁止です。
e0008704_15121267.jpg

南峰と北峰の間には、溶岩が流れた後の谷が、樹木が無いまま広がっていました。


頂上まであと僅かです。

More 続きです。
[PR]
by kumokuukan | 2009-09-30 21:31 | その他

焼岳へ登頂(前編)

e0008704_21501796.jpg

先週の土曜日に、通称ロッククライマーの家のオーナーH氏と焼岳登頂に行ってまいりました。
e0008704_21505896.jpg

まったくビギナーな私は、H氏にコースや時間を決めてもらい、付いていきました。朝4時に砺波を出発し、登山口の新穂高温泉郷の中尾温泉に着いたのが、6時すぎでした。駐車場も空いており、とてもスムーズな出だしです。
e0008704_21512178.jpg

昔のガイドブックには、もう少し上まで車でいけると書いてありましたが、現在は、工事車両だけで鎖がしてあります。まずは、近道を軽く山登りです。ガイドブックにある登山口に到着しましたが、すでに足に違和感を感じます。靴擦れです。カット判を忘れてしまいました。強行。
e0008704_21514466.jpg

10分ほどで「白水の滝」の展望台です。焼岳は今も活火山なので、滝の廻りもなにか硫黄臭い感じです。
e0008704_2152456.jpg

遠くに笠ヶ岳が見えます。登山道の木々には、所々に木の名前と解説札があります。自然の岩と雑木の風情は、造園の参考になります。苔むした感じは、日本人の心には、たまりません。
e0008704_21554769.jpg

e0008704_21523034.jpg

いろんな苔がありますが、途中にヒカリコケがありました。苔フェチにはたまらないんだろなー。
e0008704_2156147.jpg

岩の上にある大木。根っこが岩を抱えております。すごい迫力です。

さらに登っていくと、
e0008704_2344484.jpg


More つづき
[PR]
by kumokuukan | 2009-09-30 21:07 | その他

秋風に誘われ

e0008704_19374841.jpg

秋風に誘われ、五箇山の露天風呂に行ってきました。風は秋なのですが、紅葉はまだまだです。

桧の薫る露天風呂でリフレッシュしてきました。

帰りの道で、小さな秋を感じてきました。
e0008704_19413920.jpg


写真の貼れなかったブログを、最新記事の3~4前にアップしました。(少し言い訳です。)
[PR]
by kumokuukan | 2009-09-27 19:41 | その他

田作り

e0008704_20162073.jpg

店舗改修のお手伝いをしている氷見の柿太水産さんでは、今シーズン毎日のように鰯の干物を作っておられます。

今年の秋は、全国のなかで、氷見だけたくさんの鰯が揚がっているそうです。NHKのためしてガッテンにも出た柿太さんなので、煮干づくりは一流です。そして、田作り用にフル生産です。
e0008704_20164698.jpg

たくさんの氷が入った大きな桶から新鮮なお魚を網に広げます。鰯以外の魚は、足元のざるに放り、昼食のかぶす汁になります。これがまた美味いんだな~。
e0008704_2017113.jpg

網に広げた鰯は、綺麗に台車に積まれ、乾燥機室に入ります。田作りの鰯は、煮ません。生で一気に乾燥します。
e0008704_20173024.jpg

約1日乾燥させ、田作り用干物の出来上がりです。
e0008704_20175129.jpg

綺麗でしょう。
e0008704_20181635.jpg

この網の後ろから、手作り木棒で、一気に落とします。

このあと、大テーブルで、魚種の違うものや大きい干物を手作業で種別し、段ボール箱に詰めて全国へ出荷です。正月の美味しい田作りなります。ちなみにレシピは、柿太さんに聞いてください。カリッとした田作りが簡単にできます。

カルシウム不足の皆さん、 柿太さんにオーダーしてください。他にも美味しい糠いわしやちょっこり干しなどありますよ。

おっと、店舗の改修ですが、干物づくりの体験できるスペースや、商品が見れる冷蔵庫を設けております。店舗コンセプトは、「当たり前を見せる」です。いままで在ったものや使っていたものを素直に見せたインテリアです。んー、設計者は、なにもしてないということかい。

まーま、美味しい煮干が食べれれば良い訳で、完成したら、少しだけ紹介します。

(お詫び)鰯には、真いわし、うるめいわし、かたくちいわしがあり、見慣れない人にはすぐに種別できません。煮干と田作り用のいわしも、私はわかりませんでした。というわけで、前出の文を訂正させていただきました。

詳しい干物のお話を聞きたい方は、是非、干物体験に参加していただき、柿太さんの談議に花咲かせてください。
[PR]
by kumokuukan | 2009-09-25 19:50 | グルメ

椅子展&食虫植物展

e0008704_19513580.jpg

氷見の海浜植物園で、富山大学芸術文化学部の「とやまの木で椅子を考える展」があったので、見に行ってきました。
e0008704_19521053.jpg

同時に食虫植物展もやってたので、見てきました。不思議だな。
e0008704_19523326.jpg

ちなみに椅子展は、28日までです。

それから、食虫植物展は、入場料が200円で、椅子展は、無料ですが、同じ部屋でやっております。椅子展が無料だと思っていったのですが、一生懸命頑張っている植物園なので、200円払ってきました。

皆さん寛大な心で、見に行ってください。
e0008704_195313100.jpg

折角なので、温室も見てきました。パイナップルが成っていました。収穫時期に合えば、試食できると聞いています。
e0008704_19533415.jpg

かわいい花が咲いていたので、つい撮ってしまいました。よく見るとハートマークがいっぱいでした。柄じゃありませんでした。すみません。しかし、植物園でいろいろみると飽きません。創造の糧になります。
[PR]
by kumokuukan | 2009-09-25 18:33 | その他

ガラスの瓶

e0008704_1930518.jpg

ガラスのオブジェを捜しに富山ガラス造形研究所へ行って来ました。

ちょうど展覧会があり、窓際にガラスの瓶が並んでいました。

この煌き感は、ガラスしかありません。結局オブジェは、特注でオーダーすることになりました。

白鳥座が入っている条件なんて、ちょっとハードルが高いです。
[PR]
by kumokuukan | 2009-09-24 19:34 | アート

池坊の花展(2009秋 高岡)

e0008704_19314272.jpg

お茶仲間が、池坊の花展に出品しているので、見にいってきました。
e0008704_19323678.jpg

e0008704_1933372.jpg

池坊といえば、やはり、古典の立ち花です。これが、生け花の原点かと思います。
e0008704_1934439.jpg

高岡が開町400年なので、「前田家の大砂物」が出品されました。1594年に前田利家が豊臣秀吉をもてなした時に池坊家元が生けた大作を再現したものです。 秀吉も絶賛したとされる4幅の掛軸に描かれた20匹の猿が、松の枝にとまっている様に生けられているそうです。

発想がいいなー。勉強になります。
[PR]
by kumokuukan | 2009-09-24 19:08 | イベント

クリエィティブな仕事をしたい人のための本当の話 2

e0008704_2013129.jpg

「将来クリエィティブな仕事をしたい人のための本当の話Vol. 2」のお知らせです。

楽しい仕事には着きたいけどどうすればいいのかなーと悩んでいる子羊の皆さん、参加してみてください。また、うちの子は才能あるけど、親としてどうアドバイスしたり支援したらいいのか??の方もどうぞ参加してみたください。

講師は、日本中の子どもが楽しませてもらっただろうなぁ・・・という方。ドラえもんや、クレヨンしんちゃんの脚本をされていた、もとひら了さんのレクチャーです。


*** もとひら了さんからのコメント ***

マンガの大好きな小学生でした。中学の頃は小説に夢中で、高校に入って映画と出会いました。
「ああ、これこそ自分のやりたいことだ!」親の反対を押し切って東京に出て、TVアニメーションの世界に飛び込みました。
自分の大好きなことを自分の仕事にする。これほど楽しいことはありません。好きなことをやって、それで生活が成り立つのですから。
もちろん、どんな仕事だって、辛いこと、苦しいことはあります。でも、好きなことが仕事だったら、それを越えて頑張ることができる。
私の場合、それが”物語”であり、”映像表現”であり、そして、”アニメーション”でした。
皆さんの前で、そんな話ができたらいいな・・・と思っています。(もとひら了)

** もとひら了プロフィール **

氷見市三尾に生まれる。
大学を中退して、TVアニメーションの世界に入り、アニメーターからスタートして、ディレクターとなり、TVシリーズ「ドラえもん」のチーフディレクターを務める。
その後、シナリオライターに転向。映画「ドラえもん・のび太のパラレル西遊記」や「クレヨンしんちゃん アクション仮面vsハイグレ魔王」「クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!」などの脚本、TVシリーズ「トランスフォーマー・マイクロン伝説」のシリーズ構成などを担当。
4年前に氷見に帰り、現在、三尾・空誓寺の住職。


++++++++++++++++++++++++++++++++

将来クリエィティブな仕事をしたい人のための本当の話Vol.2
もとひら了

日時:9月20日(日) 15:00~18:00
場所:ヒミングAC
参加費:無料

お問い合わせ 090-3886-7669
[PR]
by kumokuukan | 2009-09-18 11:48 | アート

このひと、しってる?

e0008704_20162435.jpg

先日、山本 高之展のオープニングパーティーに参加してきました。

会場は、いつものヒミングACです。
e0008704_20165883.jpg

パーティーはみんなで準備です。高校生、大学生、オーストラリア人、老若男女いろいろな人が集まってきました。
e0008704_20172394.jpg

e0008704_2017515.jpg

すり身のピザ?お好み焼?やワインのおつまみ、氷見牛、ハンバーグ、おにぎりなどが並びます。プロがセレクトしたワインや立山大吟醸「愛山」そしてプレミアムモルツもあり、みんなで乾杯です。
e0008704_2018997.jpg

1ヶ月住み込みで、作品づくりをした山本さんも、名古屋に帰ってしまうので、舟盛りのイカそうめんもでました。
e0008704_20182857.jpg

パンフレットには、私が提供したコルビジェが好きだったトーネットの椅子も使われました。皆さんも、休みの日にお立ち寄りください。そして、ヒミングの仲間になると楽しいパーティーにも参加できます。興味のある方は是非。
e0008704_2019256.jpg

+++++++++++++++++++++++++++++++

山本 高之 展
『このひと、しってる?Name Dropping』

期 間 2009.9/12(sat.)~10/18(sun.)
 *会場オープンは、土・日曜日の11:00~18:00となります。
会 場 富山県氷見市北大町 ヒミングArt Center

+++++++++++++++++++++++++++++++

映し出される
子どもたちの表情がかわいい。

「〇〇さん、知っとる?」
「しらん~。」

と繰り返される子どもたちの会話に
ついつい微笑んでしまう。
[PR]
by kumokuukan | 2009-09-17 11:38 | アート

開町400年の行列

e0008704_1835459.jpg

9月13日は、高岡に前田利長公が入城された日で、今年は、ちょうど400年目です。
e0008704_18364714.jpg

大名行列があるというので、ミーハーな妻といっしょにお姫様役の浅野ゆう子を見てきました。いつもはひっそりしている高岡ですが、どこから来たかと思うくらい、人、人、人、でした。利長役の勝野洋さんが、前を駆け抜けていきました。
e0008704_18352660.jpg

5月1日のお祭りにでる曳山も特別に巡行で、北銀前に勢ぞろいしました。予定時間にいったのですが、すでにお姫様は、曳山前を通過され、古城公園に向かわれており、あとを追い、またすごい人、人、人、です。
e0008704_18385515.jpg

e0008704_1839242.jpg

e0008704_184064.jpg

浅野ゆう子さんをカメラにおさめ、家に帰りました。
[PR]
by kumokuukan | 2009-09-15 11:55 | イベント