雲の閑人

<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Hokuriku Art Table展

e0008704_20574217.jpg

金沢のkapoで、「Hokuriku Art Table」展「アートで生きる」「アートが生きる」「アートと生きる」が開催されており、その関連イベントの「Hokuriku Art Table」トークカフェを聞いてきました。

まず、「Hokuriku Art Table」展は、福井、石川、富山の北陸三県で「生きる」アートプロジェクトの「河和
田アートキャンプ」、「kapo」、「ヒミング」それぞれのプロジェクトのアーカイブとリアルタイムな活動の様子を紹 介しております。

会期:2009年8月19日(水)~9月 4日(金) 11:00ー17:00
会場:kapo 1F
参加プロジェクト:kapo、河和田アートキャンプ、ヒミング
e0008704_2059266.jpg

そして、「Hokuriku Art Table」トークカフェは、26日(水)の午後から kapo 1Fで、
パネラー:片木孝治(河和田アートキャンプ)、平田哲朗 (ヒミング)、齋藤雅宏(kapo)
コメンテーター:秋元雄史(金沢21世紀美術館 館長)にておこなわれました。

一応、各アートイベントを簡単に紹介します。
e0008704_20585685.jpg

kapo
金沢アートポートの略称。2008年に金沢21世紀美術館が 行った「金沢アートプラットホーム2008」をきっかけに生まれた アートセンター。メンバーは金沢在住のアーティスト、デザイナー、美 大生、会社員など。

河和田アートキャンプ
京都精華大学学生が運営するアートプロジェクト。2004年の福井 豪雨が河和田地域に与えた被害をきっかけに始まった。地域の人々と学 生が共働し、アートと地域産業を組み合わせるなど、持続可能なまちづ くりに取り組んでいる。

ヒミング
場所の魅力を考えるアートプロジェクト。様々な価値観で物事をみつめ る自由さをアートだと考え、氷見市内外のメンバーが集まり、展覧会 や、ワークショップ&レクチャーを行う。未来の氷見に向けての取り組 みをおこなう。

話を聞いているとやはり、いかに魅力のある内容を、どのように継続させるかが問題のようです。どのイベントも、ひとりのデェレクターで決めれる内容ではないので、人材、お金等考えてしまいます。


ちなみに、このあとは、金沢と東京で活躍している建築家(後輩)と夜の片町へ繰出してしまいました。もつ鍋、もつ焼、そして、いつものお店で、楽しく盃を進めました。
[PR]
by kumokuukan | 2009-08-27 18:03 | アート

長期優良住宅の講習会


e0008704_20543375.jpg
今年の6月に長期優良住宅に関する法律が施行され、私も仕事上、長期優良住宅の設計を行う建築事務所として登録するため、指定された技術講習会へ行ってきました。

長期優良住宅ってなに?ですよね。

国の政策で、建てては壊しの住宅システムでなく、耐久性のある住宅をつくって、長く住みましょうと法整備がされ、いろいろな条件を満たせば、長期優良住宅として認定します。

これから建てる住宅は、必ず長期優良住宅にしなければいけないかというと、普通に建築確認申請に合った住宅を作っても構いません。建主の判断です。

長期優良住宅にするには、少しコストがかかるので、銀行からの融資も50年と長くでき、さらに税金の減額も適用されます。しかし、かかるものはかかるので、個人それぞれの懐具合のバランスでしょうか。

設計の立場から言わせてもらうと、個人のそれぞれの価値観で、いい建築をつくり、それが、長期優良住宅に適合していれば、あわせる程度かと考えています。いいプラン、いい空間があってこそかなと思っていますが、一応、資格的なことは、クリアしておいた方がいいのかなーと、長いものに巻かれております。
[PR]
by kumokuukan | 2009-08-25 15:15 | 建築

盆サノヴァ(ボサノヴァ)報告

e0008704_1434053.jpg

15日の夜、ボサノヴァのライブへいってきました。
e0008704_1442347.jpg

nousakuは、小さい店ですが、30人以上の方が来ておられたと思います。ギターの室谷さんが映像を使って、ブラジルのお話をしていただき、やわやわっと北山敦子さんのライブが始まりました。
e0008704_146168.jpg

聞き心地のいい歌声、そして、軽妙なトーク、小さな空間は、北山敦子さんの世界で満たされました。
e0008704_147113.jpg

私もついつい飲みすぎてしまいました。(写真もだいぶん、ぶれてきています。)
e0008704_1472936.jpg

久々のライブ体験でした。
[PR]
by kumokuukan | 2009-08-18 14:08 | イベント

白えびコロッケバーガー

e0008704_190716.jpg

久しぶりに新湊の内川沿いへいってきました。

十数年前に、内川の魅力を引き出すアイディアコンペがあった時、この周辺を散策しましたが、懐かしさの残る風情がありました。今は、内川に沿った道も舗装され、いろいろな橋もでき、小奇麗になっています。
e0008704_191166.jpg

そして、その中心のステンドグラスの欄干がある橋の袂に、川の駅ができております。コンクリート打ち放しの建物で、中には、新湊の曳山の展示やお土産、そして、デッキのある喫茶店が入っております。
e0008704_1913970.jpg

喫茶店で、川を眺めながら、白えびコロッケバーガーセットをいただきました。障害者の方がスタッフでがんばっておられ、値段もリーズナブルです。
e0008704_192063.jpg

また、ふらっと寄ってみたいと思います。
[PR]
by kumokuukan | 2009-08-13 19:02 |

盆サノヴァ(ボサノヴァ)

e0008704_9322698.jpg

チーズとワインの美味しい知り合いのnousakuさんからボサノヴァのライヴの案内をいただきました。お盆にボサノヴァ?かけて盆サノヴァ!!

nousakuさんの小中の同級生で、ブラジルへ行って、ボサノヴァを学んだ北山敦子さんが、本場のポル語でボサノヴァを歌ってくれるそうです。

8月15日 19時開場、19時半開演。10曲くらいの予定で、入場料は、ワインを注文すればいいようです。詳しくは、 nousakuさんのHPのブログを見てください。

私は、15日仕事ですが、仕事帰りが上手くいけばいいのですが、、、
[PR]
by kumokuukan | 2009-08-11 09:27 | イベント

ツリーハウスのお礼

e0008704_11355697.jpg

一昨日、昨日とヒミングの「天空ラララ2009」で、ツリーハウスの講師をしてきました。

生憎の天候でしたが、無事、ツリーハウスでなく、ツリーテラスを完成してきました。参加者、サポートしてくれた大学生、そして、従兄弟の森林スペシャリストと親父、皆さんありがとうございました。

さて、ツリーハウスとは、なんぞや?調べてみると木と絡んでいれば、地上であろうと樹上であろうと関係ないようです。

今回は、イベントということで、地上3.6mの上にテラスをつくりました。(一般的に、約2階の床高さです。)

まずは、手頃な樹を探します。1本でもいいのですが、2、3本利用するのでも構いません。今回は、2本の樹を選びました。樹間を測り、材料を調達します。
e0008704_11372583.jpg

一週間後、半日かけて足場をつくり、梁を架けました。

イベント前日に、床になる桧の間伐材丸太の皮を少し剥いでおきました。
e0008704_1139156.jpg

イベント1日目は、参加者と一緒に丸太の皮剥ぎをし、梁に丸太を並べていきました。安全も考え、手すりの丸太も取付けます。そして、長い丸太に溝をチェンソーで彫り、1本梯子をつくりました。
e0008704_11394888.jpg

テラスからの風景です。晴れると富山湾と立山連峰が見えます。今回は、天候が良くなく、雲の中に浮いたような感覚を楽しむことができました。(写真の背景が、雲で白くなり、幻想的な写真が多くなりました。)
e0008704_1140767.jpg

テラスの大きさは、1.3m×3.5mになりました。
e0008704_11401886.jpg

夕方、この森で、ピアノ、琴、フルートのコンサートが開かれました。グランドピアノを持ってくるヒミングの行動力すばらしいです。ホールと違って、反射板がないので、鳴りが心配でしたが、すごく響いていました。森はいいですね。
e0008704_11411718.jpg

2日目は、朝から大雨で、手すりのロープ縛りをおこない、完成です。
e0008704_1142290.jpg

ツリーハウスを作るとき、樹を生かすため、樹をロープで巻くことは良くありません。樹の栄養分を運ぶ樹皮を縛ることは、成長とともに栄養経路を絶つことになります。梁を固定するには、樹に穴を開け、ボルトで固定する方が、樹にやさしいようです。
e0008704_11422654.jpg

イベントように、ロープで締めましたので、11月には、テラスを解体しようと思っています。

と言うことで、興味のある方は、是非、天空平にいって体感してみてください。すごく気持ちが良いです。しかしテラスでの事故は、自己責任となりますので、お酒を飲んだり、子供だけでの飛び跳ね等に注意してください。私は、晴れた時にお茶会をしようと思っています。
e0008704_11431183.jpg

[PR]
by kumokuukan | 2009-08-10 11:33 | イベント

2009夏の茶会

e0008704_14583550.jpg

今年も淡交会高岡支部志貴野青年部の夏のお茶会を手伝ってきました。
e0008704_1504686.jpg

毎度の事ながら、会場の設らいの担当です。床掛けの青竹は、2日前に実家の山へ行って取ってきて加工したものです。高さ20m近くの姿のいい竹でした。

ちなみに短冊は、国泰寺管長 澤 大道老師の「珊瑚枝々撐著月」(さんごしし、つきをとうじゃくす)です。解釈は、ただでさえ美しい珊瑚の枝々に月の光が映り、まるで月を支えているようだ。一枝一枝が皆光明、あでやかなことこの上なし。人人具足の仏性にたとえ、個々それぞれが素晴らしい仏の珠をもっているということ。らしいです。
e0008704_1934033.jpg

今回のお茶会は、浦島太郎をモチーフにし、不老長寿を願いました。そんなことで、会場は、竜宮城を想起するよう北岡哲さんの魚のオブジェを飾り、海の中にいるようにし、お点前は、茶籠の色紙点で、玉手箱をイメージしました。
e0008704_19153957.jpg

お菓子は、会員で、いつも私が難しい特注をお願いしている澤田屋さんの「夢の時間(とき)」です。塩餡がなかなか利き美味しかったです。今頃、高岡駅南京田の槐公園近くの店頭に並んでいるかもしれません。

さーて、今週末は、ヒミングで、天空ラララ2009に参加してきます。
[PR]
by kumokuukan | 2009-08-05 15:03 | お茶